エーペックスで友達うざい対処法6選!つまらないときは?

学校生活

近年では、学校の友達とオンラインゲームなどで、遊んでいる学生も多いです。

でも、一方で同じ学校にエーペックスなどのオンラインゲームを一緒に友達がおり、ミスすると小言をいってきて、うざいから上手に断りたいと思っている中学生も多い。

では、エーペックスする友達うざいときはどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

エーペックスで友達うざい対処法6選!

適当な理由で断る

エーペックスはオンラインゲームですよね。

であれば「ゲームする時間無いからごめん」とか適当なこといって断りましょう。

親を口実に断る

親がゲームしているとイチイチうるさいから、当分は出来ないとか言いましょう。

実力が上がってきたと思ったら一緒にやってみましょう。

楽しめない相手とはゲームしない

ゲームはあくまで楽しむものです。

楽しめないのであれば、一緒にやる必要は無いと思いますよ。

適当な理由をつけて断りましょう。

まあ「親がうるさい」とか「親に怒られた」とか言い訳するのが妥当です。

一旦友人とは距離を置いてゲーム以外で付き合う

効果的な方法は、距離をおいてしまうことです。

もちろんその仲間とも距離をおいてしまうことになるのですが、うざさを感じながらゲームをするよりはましです。

気持ちが落ち着くまでは、友人とのゲームは止めましょう。

またゲームしたくなるのを待つ

そして、距離をおいたあとに冷静になって自分を見つめなおします。

「もう一度、ゲームをしたいか?」と。

もう一度したければ、また参加すればいいのです。

気軽に参加できるのがオンラインの特徴ですね。

友人とは二度とゲームしない

ゲームはあくまでも楽しむものです。

嫌な思いをする相手とは一緒に遊ばないのが一番でしょう。

また再度参加するときは、少し勇気が必要ですが気にする必要はなく、距離をおいたあと、しばらくしても、ゲームをしたくなければ、完全にやめてしまう、という気楽な感じで対応します。

広告

エーペックスする友達の小言にイライラときの返し方は?

エーペックスする友達の小言にイライラときの返し方はあるのでしょうか。

オンラインゲームで、小言の多い友達には腹が立ちます。

しかし、人それぞれゲームに対しては価値観の違いがあり、その点に留意することが大切です。

「俺はステータスをあげる」「私は技を磨く」「ゲームは単なる時間つぶし」などですね。さらに、リアルの世界では、ある程度の価値観相違はお互い理解できますが、オンラインの場合は、理解しがたいことも多いです。

ですから、ストレスになったりイライラしたりしてしまうのです。

小言でイライラしたときは、友達のオンラインゲームへの価値観を理解するように努めましょう。

理解していくうちに、友達がなぜ小言をいうのか、その背景が見えてきます。そしてそれを理解するのです。

そうすればおのずとイライラは解消されます。

広告

友達とエーペックスするのがつまらないと感じる時は?

友達とエーペックスするのがつまらないと感じるときはどうしたら良いのでしょうか。

結論から言えば、「友達との距離をとる」「辞めてしまう」「そのまま続ける」この三択しかありません。

いきなり辞めてしまうのは、謙がたちますので、まずは距離をとっていくことから始めます。

「別の友達がきた」「塾の時間だ」など適当に理由を作ってゲームを途中でやめてしまいます。

これだけでも、相当、精神的に楽になります。

そして、改めてまたプレイすればいいのです。

所詮は、オンラインなのでつまらなく感じてまでやる必要はどこにもありません。

プレイしたくなくなったら、完全にやめてしまえばいいだけです。

やめて、また新しいゲームをすればいいだけです。

神経質にならず、気軽に考えることがポイントです。

広告

友達とのエーペックスを上手に断る方法ってある?

友達とのエーペックスを上手に断る方法ってあるのでしょうか。

おすすめなのが「親に怒られるから」というのが鉄板でしょう。

もしくは「他の人と遊んでいるから」がうまい断り方です。

フレンドさんも、わざわざ他の人と遊んでいる人まで巻き込むようなことはしないでしょう。

そのほか「一人だけで遊びたいから」というのも効果的です。人間誰しも、ひとりで遊びたいと思っていることはたたあります。

ちなみに、練習や腕をあげるためにも一人で遊ぶことは必要な要素です。

なのでほとんどのケースでうまく断ることができます。ちなみに「無視する」のもありです。

というのも、そもそも招待する側は、軽い気持ちで招待していることが多いからです。

「とりあえず、誘っておくか」といった感じです。

ですから気にしないということです。意外ですが、実際にゲーム中であれば、気づけずに無視してしまう、ということもまのあたりにしますよね。

そんな感じですので、軽く考えることです。

所詮はオンラインだけの話です。

ひとつひとつの誘いを、いちいち真剣に捉えて対応していく必要はまったくないのです。

心の持ちよう一つで、うまく断れるようになります。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました