彼氏バレンタイン食べない理由は?迷惑?対策は?あげない方が良い?

生活の知恵

せっかく彼氏のために作ったバレンタインチョコですが、相手が食べてくれないときもありますよね。

彼女としてはモヤモヤするものです。

事実、彼氏にあげたバレンタインチョコを数日経っても食べてもらえなくて、モヤモヤして悩んでいる女性も多い。

では、彼氏がバレンタインチョコを食べない理由は何なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

広告

彼氏バレンタイン食べない理由は?

彼氏がバレンタインチョコを食べない理由はいくつか考えられます。

ぜひ下記を参考にしてみましょう。

チョコレートが嫌い

糖質制限中

いつか食べようかと思っている

少し食べたけど口に合わなかった

チョコレートが傷んでいた

虫歯だから食べられない

基本的に多い理由は、「チョコレートが嫌いだからです」。

男性は、結構、チョコレートが嫌いという人が多いです。

お菓子、特に甘いものに対する感じ方が女性とはまったく違うのです。

スィーツもしかりです。

女性の場合は別腹という人が多いですが、男性の場合、多くは別腹にはなりません。

というより別腹という概念がありません。

「食べてもらえないのは、私のことが嫌いだから?」と迷いますが、多くの場合は気にする必要はないですよ。

また、人によってはダイエット中だったり、糖質制限中だったりする可能性もあります。

人によって状況は様々ですが、彼女への嫌悪感など、悪い意味ではないことは理解しておきましょう。

「食べない」というよりも「食べられない」というニュアンスのほうが近いでしょう。

広告

彼氏にバレンタインチョコをあげるのは迷惑だった?

彼氏にバレンタインチョコをあげるのは迷惑だったなのでしょうか。

ほとんどの場合、迷惑ではないです。

男性には照れ隠しがあります。

女性にとっては気になりますが気にする必要はないです。また、家に持って帰るのが抵抗、という男性が多いのも事実です。

家族から、ひやかしがあるのがいやという人も多いですね。

ついつい気にしてしまいますが、とりこし苦労の場合がほとんどです。

自信をもってバレタインチョコをあげましょう。

こちらが自信をもってプレゼントすれば、男子も喜んでもらうことができます。

自信のある姿には、男性もほれぼれしますし迷惑と思われることは皆無です。

広告

彼氏がバレンタインチョコを食べない理由を上手に聞き出す方法は?

彼氏がバレンタインチョコを食べない理由を上手に聞き出す方法を知っておきましょう。

ストレートに確認するのが一番確実ですが、さりげなく話題を振ってみるのもひとつの方法です。

「この前のチョコレート、○○のやつで有名なのよ」といった感じで話題をふってみます。

「あっそれ知ってるよ」といった感じで、話にのってきたらチャンスです。

「食べた?どうだった?」と聞けば、食べていればなにか返事がありますし、食べていなければ、少しおかしな反応になります。

ポイントは、「食べていない」ということが分かっても責めないことです。

責められると、なかなか本音を言ってもらえませんし、最悪、食べていないのに食べたよ、とうそをつかれる可能性があります。

食べていないのに食べたと嘘をつかれると「なぜ食べなかったのか?」の理由が分からないままになってしまいます。

なので、注意する必要があります。

広告

彼氏がバレンタインチョコを食べない場合の対策は何が良い?

彼氏がバレンタインチョコを食べない場合の対策は何が良いのでしょうか。

ベストなのは、一緒に食べる方法をおすすめします。

「どんな味だったか確かめさせて」という感じで、一緒に食べてみてはどうでしょうか?

チョコレートが嫌いな人でも、誰かと一緒であれば食べることができるものです。

次に、加工してみる方法です。

チョコバナナなら簡単にできますよ。

スーパーでバナナを買ってきて、お鍋でチョコレートを溶かしてそのままつけるだけです。

チョコレートの味自体は変わらないので、チョコの感想を聞いても不自然ではありません。

単純に、冷やしてみるのもありです。

チョコレートは、温度によって食感や味が大きく変わります。

チョコレートが苦手な人でも、冷やして食べると結構おいしく食べてもうことができます。

広告

彼氏がバレンタインチョコを食べないなら翌年からあげない方が良い?

彼氏がバレンタインチョコを食べないなら翌年からあげない方が良いのでしょうか。

これは、難しい問題です。

男性特有の照れ隠しの場合は、翌年もあげた方がいいです。

男性はシャイな人が多いですからね。

毎年あげることで、こちらの思いが伝わります。

貰う方も、嬉しいものです。

一方、チョコがきらいな人に対しては、対応を考える必要があります。

思い切ってチョコ以外のものをあげるのもひとつの方法です。

クッキーなどもいいでしょう。

クッキーであれば、バリエーションもありますし、腕に自信があれば手作りでも構いませんし、最近では、せんべいとチョコレートのセットなども販売されています。

甘党と辛党のコンビがとてもうけているようで、せんべいにチョコレートをコーティングしたお菓子は斬新な味覚でとてもおいしいです。

意外とウィスキーボンボンもありですね。

お酒飲みの人にはとても気に入られます。

いずれにしろ、工夫でなんとかなる範囲です。

相手の立場に立って、考えればそんなに悩むことではないです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました