彼氏がバレンタインチョコもらってくる対処法は?心理は?伝え方は?

生活の知恵

彼氏がバレンタインチョコを他の女性からもらってくると、彼女の心理としては少しモヤモヤして心配になりますよね。

事実、彼氏が職場で他の女性からバレンタインチョコを貰ってくるのだが、それに対して嫉妬心から不快に感じて悩んでいる女性も多い。

そこで、対処法を知ってくことが大切です。

では、彼氏がバレンタインチョコ他の女性からもらってくる対処法はあるのか?詳しく見ていきましょう。

広告

彼氏がバレンタインチョコもらってくる対処法は?

彼氏がバレンタインチョコもらってくる対処法はいくつかあります。

自身が出来そうなものを実践してみましょう。

義理チョコ(相手の女性も深い意味はない)なので気にしない

照れた感じで「ヤキモチやいちゃうな・・・・」といって彼氏をキュンとさせる

彼氏がもらったバレンタインチョコを自分が食べる

ホワイトデーのお返しは彼女が準備して渡させる

彼氏が職場でもらってくるチョコレート、気になりますよね。

でも、基本的に相手の女性も義務として渡しているだけです。

彼氏持ちだからと言って、一人だけチョコをあげないと角が立ちますからね。

つまり貰う側の彼氏にも相手の女性にも特別な意味もないということです。

手作りだた場合でも、本命とは限りません。

市販で買うよりもコストが大幅に安くならです。

学生さんなら、普段学校で顔を知っているので、どんな女子からもらったのかすぐに分かりますが、職場となると顔の見えない相手ですのでたいへん気がかりです。

対処法としても難しいのですが、やはり本人に聞いてみるのが得策です。

「どんな人からもらったの?」とか、「もっとたくさんもらう人はいるの?」といった、他愛もないもないテーマでいいです。

ほとんどの場合、職場のチョコは社交辞令ですので、聞いているうちに安心感が増してきます。

つまり、あまり気にしないことです

広告

彼氏が他の女性からバレンタインチョコもらってくる心理は?

彼氏が他の女性からバレンタインチョコをもらってくる心理は何なのでしょうか。

基本的にほとんど意味はないです。

職場の場合は、「あっ、ありがとう」というだけの心理です。

また、同時に、「ホワイトデーのお返しを考えるのがめんどくさい」という人も多いです。

社会(会社、バイト先)にでるとバレンタインのやりとりも仕事のひとつになります

職場の仲間だけではなく、取引先や発注先、また上司部下など様々な関係の女性がいますので、ひとつひとつに考えていたら男性はもちません。

単なるプレゼントとしてもらった、というだけのことで、心理をどうこうというレベルではないのが現実です。

嫉妬心を持つだけ無駄で、不快に感じる必要もないできごとです。

広告

バレンタインに彼氏が職場で義理チョコもらってくるのは許してあげるべき?

バレンタインに彼氏が職場で義理チョコをもらってくるのは許してあげるべきなのでしょうか。

結論から言えば、許すべきです。

職場の義理チョコは、男性ももらいたくて貰っている人は少ないです。

女性の配慮として配られているだけで、中には手渡しではなく、机の上に置いておくだけといったところもあります。

断りたくても断れないのが職場の義理チョコなので、いちいち目くじらをたてる必要はないです。

職場でたくさんの義理チョコをもらってくる彼氏は、逆に考えるそれだけ人脈が多く人望が厚い証拠です。

彼女として誇りにしてもいいくらいの話です。

ちなみに、最近では、職場の社交辞令は極力少なくする風潮があるので、ややもすると義理チョコもなしという彼氏もいます。

広告

彼氏がバレンタインチョコをもらってくるのを嫉妬する上手な伝え方は?

もし彼氏がバレンタインチョコをもらってくるのを嫉妬するなら上手な伝え方を身に着けておくのが一番です。

コツはとにかく細かく聞くことです。

「それどうしたの?」とか「いつもらったの?」などなんでもいいです。

しつこく繰り返し聞くことで、男性はうるさい、しつこい、と思いながらときには怒るときもありますが、心の奥底では彼女のことを可愛く感じているものです。

ポイントは、「丁寧に」「かわいく」聞くことです。

決して感情的にならないということです。

感情的になると、男性も感情的になる傾向がありますので、嫉妬が伝わるどころが、単なる喧嘩や口論となりますので注意すべきです。

広告

彼氏が職場でバレンタインチョコもらってくるのは浮気心があるから?

彼氏が職場でバレンタインチョコをもらってくるのは浮気心があるからなのでしょうか。

彼女としては不安ですよね。

でも心配する必要はありません。

彼氏に浮気心はないと思っていいです。

職場に行くと、だいたい先輩女子社員がバレンタインについて配布の方法などを決めています。

これは先輩女子社員にとっては若い子に出し抜かれないメリットがあります。

また先輩にとってもプライドをくすぶられ良い心地になるメリットがあります。

一方、若手女子にとっては、先輩をたてることができますし、なにより配布先やチョコの金額などに気をもむ必要がないので助かります。

このような背景から、職場でのチョコ配布は、女子社員にとって立場を守るメリットがあるため、なかなかやめることができない、のが現実です。

職場のチョコは女子社員間の潤滑油なのです。

ですから浮気心があることは皆無で、男性社員の中には、めんどくさいのでもらうのは困る、という人も多いです。

また、職場には同じ会社の人だけでなく、ほかの会社の人の出入りもありますし、そのような相手からももらうこと多いのです。

接待費でチョコ代をおとせるところもあるくらいです。職場のチョコは社会の潤滑油なのです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました