ポッキー本数減った?昔より量減った?昔は何本?チョコの量は?

お菓子

ポッキーは多くの人に愛されて、今でも食べ続けられているロングセラーのお菓子です。

必ず一度は食べたことありますよね。

でも、一方で「量が減ったのではないか?」という声がるのも事実。

では、ポッキーの本数は減ったのでしょうか?

ここでは、ポッキーの本数やチョコレートの量などについて紹介しています。

広告

ポッキー本数減った?(昔より量減った?)

「ポッキー本数減ったのか?(昔より量減ったのか?)」日ごろから食べていてちょっと少ないと思う人もいますよね。

結論から言えば、ポッキーは昔より少しだけ減りました。

80gから72gに減っていますね。

つまり、ポッキーは昔に比べると8g減ということがわかります。

気が付いた人もいますが、気が付かな人もいます。

日ごろからポッキーを良く食べていた人は気が付いたのではないでしょうか。

広告

ポッキーは昔より何本減ったの?

上記でポッキーが昔販売された量に比べて減ったことがわかりましたね。

8gほど減っています。

では、具体的に何本減ったのか?

答えは4本です。

ポッキーは昔に比べて4本ほど減っています。

ちなみに、ポッキーは1本2gあります。

ですが、ポッキーに限らず昔よりもちょっと量が少なくなったお菓子やアイスクリームは多いです。

むしろ、ロングセラーの商品は時代とともに量が減っている傾向にあるでしょう。

広告

ポッキーチョコの量は減ったの?

ポッキーチョコの量は減ったのでしょうか?

答えはYESでもありNOでもあります。

ポッキーの本数は減ったので、1箱に入っているチョコレートの量は必然的に減ったことになるでしょう。

ですが、1本1本に塗られている量に関する変更は、公式では報告されていません。

つまり、1箱のチョコレートは減ったけど、1本のチョコレート量は変らないというのは結論になるでしょう。

広告

ポッキーは昔より値段は変ったの?

では、ポッキーは昔より値段は変ったのでしょうか。

本数が減ったりなどしているので、気になりますよね。

実は、ポッキーは発売当時は60円でした。

「え!?安い!!」と思いましたよね。

ですが、ポッキーの発売当初は1966年(昭和41年)になります。

つまり、今の物価とは異なります。

当時の60円は今で言えば、240円ほどになります。

ですが、今はポッキー150円ほどで売られていますよね。

なので、昔と比べたらお手頃な価格で変えるということになるでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました