冬休み友達と遊ばない普通?休日遊びに行かない平気?子供の心理は?

生活の知恵

冬休みは2週間ありますが、子供がずっと家に居ると交友関係が心配になりますよね。

事実、子供が冬休みに入ったというのに、学校の友達の誰とも遊ばないで家に居ることを心配している母親も多い。

そこで、このページでは冬休みに友達と遊ばない子供の学校生活は大丈夫なのか?疑問を解消していきましょう。

また、遊びに行かない子供に心理についても紹介しています。

広告

冬休み友達と遊ばないのって普通にあること?

ナオミさん
ナオミさん

親御さんとしては、心配でしょうが、冬休みはみんな忙しいです。

「親の帰省、宿題、親族の集まり」など、色々と他の家の子供達も予定がいっぱいです。

受験する子供は勉強でしょうしね。

子供同士で予定を合わせるのも難しいみたいですよ。

カスミさん
カスミさん

うんうん。

冬休みはうちの子供も友達と遊んだりしませんよ。

「家族旅行、帰省」などがありますからね。

そもそも冬休みは2週間しかありませんからね。あと、学校の宿題もありますし。

子供はお年玉をもらいに親戚の家を行ったり来たりします。

クルミさん
クルミさん

うちの子供も冬休みは1回友達と遊ぶもしくは、遊ばないことがほとんどですよ。

冬休みは2週間くらいなので、宿題もでますし、習い事に行く子もいますからね。

「帰省、旅行、宿題、習い事」などで、予定はいっぱいです。

塾に通っている子供は冬期講習もありますしね。

冬休み友達と遊ばないのは普通にあることです。

特に冬休みは寒いので家に閉じこもっている子も多いです。

また受験を控えている子もいるので、容易に遊ぶことは厳禁と考える親御さんも多いです。

最近では、ゲームもありますしわざわざ友達と遊ぶのもめんどうと考える人もいるようです。

そのほか、冬休みは他の休みと違い、宿題も多い傾向にありますので、それどころではないという人も多いのが現実です。

広告

冬休みの休日に学校の友達と遊びに行かない我が子の学生生活は平気?

学校の友達と遊びに行かないと、我が子が心配になるものです。

冬休みの休日に学校の友達と遊びに行かない我が子の学生生活は平気なのでしょうか。

結論から言えば、なにも気にする必要はありません。

冬休みは、帰省があったり、家族旅行にいく人も多いのです。

また塾のある子も多く、スケジュールが合わないのが現実です。

ちなみに、学校の友達がすべてではありません。塾や、ならいごとの友達と遊ぶ子も多いのです。

その場合、塾やならいごとのついでに遊んでいることが多いです。

遊びにいっていないような感じがしますが、実際は遊びに行っています。

心配なしです。

広告

冬休みの学校の友達と遊ばない子供の心理は?

冬休みの学校の友達と遊ばない子供の心理はどうなのでしょうか。

子供によって心理は様々ですが、「寒いから外に出たくない」という理由が大きいです。

単純なことですが、寒いことは家に閉じこもりたくなる一番の要因です。

家にいれば温かいですし、最近ではゲームなども充実しているので、昔と比較し、外で遊ぶ魅力が落ちています。

また友達も忙しい子が多いのも理由です。

塾や習い事がある人もいますし、家族で旅行にいったり帰省をしたりと、家に不在がちになりますね。

特に年末年始をはさみます。

考えてみると冬休みの期間の半分は、年末年始ともいえるので、それだけ家族とのつきあいが発生することになり、より友達と疎遠になりがちです。

広告

学校では友達がいるのに休日に遊んだり出かけないのはなぜ?

学校の友達と、休日に遊ぶときの友達は、ある程度、選ぶ必要があります。

その際の、気遣いがしんどいという子が多いです。

「あの子とは遊びに行って、あの子とは行かない」といった感じで、変な噂をたてられたら困るのです。

その点、学校ですと、友達は強制的に学校にいるので、変な選りすぐりをする必要もないで友達ができやすいし遊びやすいのです。

また、休日は時間的制約も大きいです。

「朝はゆっくり寝たい」「夕方には家に帰らないといけない」など、個人の都合により、時間的制限が発生します。

調整がなかなかつかないのが現実です。

さらに家族の事情もあります。

最近では、ご飯をつくったり、また介護をしたりしている子も多く、休日であっても、昔のように自由に使える時間が少なくなっています。

最後に経済的理由です。

休日に遊びに行くと、どうしてもお金を使ってしまいます。

「おこずかいが少ない」などの理由で休日に遊べない子も多いです。

広告

我が子にもいつか学校内で遊びに行く友達がちゃんとできる?

我が子にもいつか学校内で遊びに行く友達がちゃんとできるのでしょうか。

親御さんとしては不安でしょうが、心配しなくても友達はできます。

子供は、本能的には、外で遊びたいと思っています。

要はタイミングしだいということです。

「遊びに行く時間ができる」「遊びに行くお金がある」「気の合う友達の存在」この3つがそろえば自然とあそびにいきます。

いちど遊びに行けば、あとはこちらがびっくりするほど行くものです。

今、遊びに行っていなくても焦る必要はありません。

ただ、無理やりに塾にいかすなどスケジュールに余裕がないと、遊ぶ気にもなりません。

また少しのお金も必要となります。おこずかいがないと、友達からの借金につながったりしますので適度に与えることが大切です。

友人関係にも、普段から気を配っておく必要があります。

子供は、友達の影響をかなりうけます。

変な友達関係ができてしまうと、予想外の展開になったりしますので、会話の中で友人関係を気にしておく必要があります。

妙に夜遅くなる時がある、などが繰り返すようですと少し疑った方がいいでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました