秋の空気好き?匂いは?正体は?魅力は?好きな季節は?感じる時は?

生活の知恵

秋といえば、暑い夏の存在が薄れていき、冬が少しずつ迫ってくる空気感を楽しめる季節です。

金木犀(キンモクセイ)の匂いも魅力的ですよね。

秋は日本人の好きな季節ランキングでも常に1位2位を争うほどです。

そんな秋の空気感はみんなどう感じているのか?色々な人に意見を聞いてみました。

また、秋の到来(訪れ)を感じる瞬間についても紹介しています。

広告

秋の空気好き?その理由を紹介

アヤミさん
アヤミさん

秋の空気は大好きです。

なんとなく空気が澄んでいるように感じますね。

夏が過ぎて、少しずつ湿度も低くなって、乾燥した空気感が好きなんですよね。

あとはキンモクセイの香りも大好きですね。

ミライさん
ミライさん

うんうん。

秋って日中は涼しいけど、夕日が沈むと急激にヒンヤリとして空気になりますよね。

この二面性が大好きですね。

芸術の秋といわれる理由もわかりますね。

感傷的な空気感を感じますからね。

マミさん
マミさん

秋といえば、もの悲しい空気感だと思いますね。

感傷に浸りやすいとでも言うのでしょうか?

何となくですが、寂しいけど、それがクセになりますよね。

でも夏の存在が少しずつ薄れていく感じも、またたまらないですよね。

ナミエさん
ナミエさん

秋は「蒸し暑い夏」と「凍えるような冬」の間にある季節ですからね。

夏の存在が薄れていき、徐々に冬の存在が到来していく、熱が奪われていく寂しさとでもいうのでしょうか?

夏の鬱陶しさから解放される空気感、冷えていく悲しい空気感の二つが楽しめますね。

天高く馬肥ゆる秋、など秋に関する表現はたくさんあります。

秋は空が遠くなり空気は澄んだように感じる季節です。

爽やかで涼しい青空を見上げると、秋めいていると感じる人も多いでしょう。

この秋の空気感は、きちんと科学的な理由があることはご存知でしょうか。

秋は大陸方面から高気圧がやってくる季節です。

霞やすい春とは異なり、木々も生育している秋は澄んだ空気感を生みやすくなっています。

高温多湿の日本の夏がようやく和らぐ秋は、一層空気が澄んでいるように感じるので、好まれる方も多いでしょう。

秋は湿気も少なく乾いた気候なので、鼻先に届く空気も冷たく感じて心地が良いものです。

広告

秋の独特の匂いってどんな香り?

秋は四季の中でも匂いが多い季節でもあります。

稲刈りの近くでは稲の乾いた香りがしますし、ソバ畑の近くは独特のくすぐるような匂いがします。

梅雨や夏の雨のように、湿った匂いとは異なり、少し冷たさを感じるのも秋の匂いの特徴です。

英語の表現の中には「空気の中に秋が居る」という言い回しがあります。

これは、秋が近付いてきたことを意味する表現です。

この表現の使い方は、秋の落ち葉の匂いや澄んだ冷たい空気を意味しており、海外にも秋の独特の匂いがあるとわかります。

イギリスではスモーキーなウイスキーの匂いを秋に例える表現もあり、秋は燻すような匂いを感じる人も多いのかもしれません。

広告

秋に香る匂いはどこからくるの?

雲が高くなり空気が澄んでくると、秋の空気を感じる人が多いのではないでしょうか。

秋めいてくる、という言葉がありますが雲の位置が高くなり、気温も下がってくると微かに秋らしい空気を感じるようになります。

では、この秋らしい空気とはどのような匂いでしょうか。

日本の秋の匂い、の代表格と言えばやはり「金木犀(キンモクセイ)」です。

小さなオレンジ色の花が咲く金木犀は、甘くて優しい匂いがします。

庭先や街頭でふと、この甘い金木犀の匂いを嗅ぐと、秋の空気を感じる人が多いのではないでしょうか。

柔らかな花の匂いを好む人は多く、西日の生育にも強いことから植木としても人気があります。

あちこちで一斉に咲く金木犀の匂いこそ、日本らしい秋の匂いの正体かもしれません。

広告

秋の魅力ってどんなところ?

日本の四季の中でも過ごしやすいことが特徴の秋ですが、みなさんは秋にどんな魅力を感じていますか?

秋の魅力を語る際に、「〇〇狩り」が良く出てくるのです。

さっそく秋の狩りについてご紹介しましょう。

まず、秋はリンゴ狩りや梨狩りなど、フルーツ狩りが楽しめるシーズンです。

秋の行楽シーズンには、フルーツ狩りが楽しめる旅行プランが多く登場します。地域によっては秋口までブドウや桃狩りも楽しめるので大変おススメです。

秋はキノコ狩りも人気です。松茸狩りやエノキ狩りなどハイキングがてらにキノコ探しがしやすい時期です。

キノコは毒のあるもの多いので、ガイド付きの案内も増加しています。心地よい山の中で、食べられるキノコを探すのも楽しそうですね。

広告

秋以外で好きな季節っていつ?

一般的に日本で人気の季節といえば、秋と春です。

実際にアンケート調査による好きな季節ランキングでは、秋と春は1位2位を争うほどです。

四季の中で秋と春は特に人気ということがわかりますね。

魅力の多い秋が一番好き、という方が多いですが、そのほかの季節ももちろん魅力がたっぷりです。

春は全国で桜が開花し、お花見を楽しめます。

夏はビアガーデンや花火大会など、季節を生かした外のレジャーが楽しいシーズンです。雪の季節の冬は温泉やスキーなど寒さを楽しむ季節でもあります。

秋以外にも選びにくいほど、日本の四季は楽しいイベントが多いですね。

四季にはそれぞれ魅力があります。

ぜひ季節を楽しみましょう。

広告

秋の訪れを感じる時はどんな瞬間?

太陽に手が届きそうなほど眩しい夏も、次第に秋雨前線が近付き終わりを告げます。

何だか雲が少し遠い、と感じたら気圧配置が秋のサインを出している頃です。

近年は季節外れの台風も多いですが、何となく夏の空と秋の空は異なると感じるものです。

空気が乾燥する秋は、カラッと見晴らしのいい青空が特徴です。

時々空を見上げることで、秋の到来を感じることができます。

また、緑の葉(新緑)が少しずつ、「茶色、黄色、赤色」に色付け始めたら、秋の到来を感じることでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました