秋の匂い表現といえば?正体は?秋の香りする花は?夏の匂い原因は?

生活の知恵

夏が過ぎれば、次第に涼しくなり、秋の季節が到来しますよね。

気候(気象)も開花する花も異なることから、外出時には、少しずつ外の匂いも変わって来ることでしょう。

では、秋の匂いの表現といえば、どんなものがあるでしょうか?色々な人に意見を聞いてみました。

また、秋の香りがする花の正体や夏の匂いの原因についても紹介しています。

広告

秋の匂い表現といえばどんな香り?

クルミさん
クルミさん

秋の匂いの表現といえば、こんな感じかな?

・金木犀(キンモクセイ)の花の香り

・空気が澄んでいて、もの悲しい匂い

・夏の湿度や熱が冷たくなっていき、感傷的になる匂い

・木々のウッディーな香り

・澄んだ空気で重厚感のあるもの悲しい匂い

夏と違って湿度が低く乾燥して、冷たい空気になるので、匂いが鮮明になるように感じます。

エリコさん
エリコさん

秋と言えば、金木犀(キンモクセイ)の香りだと思いますね。

なんといえばいいか、重厚感のある香りで、花というよりも、木々のウッディーな匂いだと思いますね。

秋って意外と木々の匂いを感じやすいんですよ。

カオリさん
カオリさん

個人的には秋は花や木々、葉っぱの香り(匂い)を堪能できると思います。

冬に近づくので、少しずつ空気が乾燥していき、花や木々の匂いがくっきりとしてくるように気がしますね。

あとは、外が乾燥しているので、空気が澄んでいて、感傷的になりますね。

リカさん
リカさん

秋の匂いは「寂しくて感傷的になるような香り」だと思いますね。

匂いの感じ方は人それぞれですが、少しずつ夏の熱が奪われていくような、悲しい匂いがしますね。

また、紅葉スポットにいくと、深みのある木々の匂いと土の匂いが楽しめますよ。

秋の匂いは、住んでる場所によって異なってきます。

例えば、田んぼに囲まれている地域だと、稲刈りが終わると稲の匂いが広がります。

また、イチョウの木が生えているところに住んでいると、銀杏の香りがします。

イチョウの実である銀杏は、強くて独特な匂いがするので、すぐに気づくことができます。

他にも、金木犀や木の葉の匂い、土の匂いと表現する人もいます。

特に金木犀は、歌の歌詞にもよく使われている代表的な秋の匂いの表現です。

住んでいる地域によって感じる香りが違うのは面白いですよね。

少し遠くまで散歩をすると、少しずつ匂いが変わってくるのを感じることができますよ!

色々な場所を巡って匂いで秋を堪能するのも楽しいですよ。

広告

秋の香りがする花(秋に咲く花)って何?

秋に咲く花は、たくさんあります。

特に代表的な花を挙げると、コスモス・リンドウ・ボタン・キンモクセイ・ヒガンバナ・パンジーなどがあります。

この中で、秋の匂いを感じさせるのはキンモクセイです。

キンモクセイは、小さなオレンジ色の花びらをしていて、とても可愛らしくて綺麗です。

花びらが開くと甘い香りを感じることができます。

家に植えて育てれば、毎秋、金木犀の香りを感じることができますよ!

秋には、綺麗な色の花がたくさん咲くので、匂いと共に花を観賞できるのも趣深いです。

広告

秋の匂い(香り)の正体って?

秋の香りの正体がわかって来ましたね。

秋の香りは、主に金木犀などの生き物(植物)に由来することがわかりました。

生き物から放出された匂いが、風に乗って広がり、外にでると秋を感じることができるのです。

秋は、冬に向かって生き物の活動が低下してくる時期ですが、1つ1つの変化を見逃さないように秋を感じてみて下さい!

冬に近づくことで、少しずつ空気が乾燥するので、湿度が低くなり、植物の香りなどを感じやすいでしょう。

また、乾燥した外気から澄んだ空気の香りを楽しむことができるのも秋の特徴です。

広告

夏の匂いの原因って何?

夏も独特な匂いがしますよね。

夏は、暑くてジメジメするのが特徴的です。

湿度が高く、空気中に水分が多いため、匂いが籠もりやすくなってしまいます。

特に湿度の高い日は、常にしめったような匂いがします。

また、雨上がりには、道路から水分が蒸発し、アスファルトやコンクリートの匂いがすることもありますよね。

他に感じることができるのは、新緑の匂いです。

木が生い茂っているところに足を運ぶと、新緑の良い匂いを嗅ぐことができますよ!

また、栗の花の独特な匂い(刺激臭)も夏に感じることのできる特有の香りと言えるでしょう。

広告

冬の匂いは臭いって本当?

冬は、多くの生物が活動を停止し、外は寂しい状態になります。

これまで、外で感じてきた植物の匂いを感じることはできなくなってしまします。

冬は外にでると、冷たい空気に包まれて、鼻にツンと来ることがあります。

特に、朝方は、濁りのない綺麗な冷たい空気の匂いを感じられます。

一方で、冬の室内は、非常に籠もりやすいです。

寒くて寒気を行っていないため、人からでる汗のにおいや、服の匂いが混ざり合って息苦しくなってしまうことがあります。

また、暖房を付けることも多いので、暖房器具の匂いが充満することもあります。

そのため、冬であっても適宜寒気をすることをオススメします!

開けっ放しだと寒いので、3-5分を数回行ってみてください。

室内の空気が全く違う物にあなり、清々しい気持ちになることもできます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました