秋終わりいつ?秋いつからいつまで?夏や冬や春はいつからいつまで?

生活の知恵

秋の季節は日本人が好きな四季ランキングで1位2位を争うほど、人気があります。

しかし、なかなか秋を実感することも少なくなってきましたね。

では、秋の終わりはいつなのか?

このページでは秋がいつからいつまでなのかについて解決しています。

秋の終わりや始まりについて知りたい人はぜひ参考にしてみよう。

また、夏や冬や春はいつからいつまでなのかについても紹介しています。

広告

秋終わりいつ頃?

結論から言えば、暦の上では11月になります。

ですが、実際に体感として、秋の終わりを感じるのは別ですよね。

秋は、始まりと終わりが非常にわかりにくい季節です。

さらに、期間も短いため、すぐに終わってしまったと感じてしまいますよね。

何気なく過ごしていると、季節が過ぎ去ってしまうため、秋をしっかり感じて楽しむには、始まりや終わりを認識していることが大切です。

季節の定義には色々な種類がありますが、気象庁の基準によると秋は、9月から11月までです。

しかし、季節の感じ方は、住んでいる地域や人の感覚により異なります。

例えば、北海道・東北地方では、9月の終わりことには肌寒くなり11月頃には雪が降ることがあります。

そのため、11月は冬だと感じる人も多いです。

あくまで気象庁の基準では、9月-11月が秋ということになります。

クルミさん
クルミさん

体感としては、地域にもよりますが、暖かい地域だと、12月くらい初旬くらいまで、秋を感じることができますね。

でも、寒い地域だと、11月くらいには雪が降って、冬を感じる人もいるみたいですね。

あくまでも暦の上での秋と、体感として、感じる秋は別ということですよね。

広告

秋の終わりを感じるときってどんなとき?

雪が降ってきた

日中が寒くなってくる

コートと冬服などを着用するようになってきた

空気が冷たくなってくる

街の人の服装が寒色系になってきた

クリスマスのCMが放送される

クリスマスの装飾が始まる

肌の乾燥が気になるようになった

室内で暖房が必要になってきた

このように秋の終わりを感じる瞬間は、日常生活の中で多々ありますね。

気象庁の基準では、11月までが秋だということがわかりましたね。

それでは、感覚としては、どのような時に秋の終わりを感じるのでしょうか。

最初に、秋の終わりを感じるのは、紅葉がすべて散ってしまった時ではないでしょうか。

秋の代名詞ともいえる紅葉がなくなり、木が枝のみの寂しい姿になってしまったと同時に秋の終わりを感じます。

また、わかりやすいのは雪が降り始めた時です。

雪が降ると冬が本格的に始まったと感じますよね。

冬の始まりと同時に秋の終わりを感じる瞬間です。

広告

秋はいつからいつまでなのか?

あまり普段気にかけませんよね。

一般的に暦の上では、秋は9月~11月になります。

ちなみに、 秋の節気は細かく分けると6つあります。

早い順で「立秋~処暑~白露~秋分~寒露~霜降」この6つに分けて季節区分があります。

ちなみに、現在の秋は9月~11月ですが、昔(旧暦)では、秋は7月~9月となっていました。

ちなみに、秋の始まりを感じる瞬間として下記になります。

紅葉の季節になってきた

葉っぱが茶色くなってきた

日中と夜中との寒暖差が激しくなってきた

秋服を着るようになった

このように秋の始まり(訪れ)を感じる瞬間は多々あるでしょう。

基本的に秋は暦の上では「9月~11月」になります。

広告

夏はいつからいつまで?

秋に比べると夏は、長く感じますよね。

気象庁の基準によると冬は6月-8月までです。

6月は、まだ梅雨の季節ということもあり、夏を感じにくいのではないでしょうか。

本格的に夏を感じるのは、海開きが始まる7月中旬頃です。

また、その頃は学校も夏休みが始まるのでより一層夏を感じやすいですよね。

一方で、夏の終わりを感じるのは、セミが鳴かなくなってくることです。

気温も徐々に低くなり、日も短くなりますよね。

秋に移行しているのを感じるのは、このような時ではないでしょうか。

広告

冬はいつからいつまで?

冬はほかの季節と比べて長く感じる人も多いでしょう。

実際に、冬はいつ始まりいつ終わるのでしょうか。

気象庁の基準によると冬は12月-2月までです。

冬の期間も3ヶ月で秋と同じ長さですね。

冬の始まりは感じやすいと思います。

例えば、雪が降った時に冬を感じます。

また、クリスマスが訪れた時や町でイルミネーションが始まった時も冬を感じますよね。

反対に、冬の終わりを感じるのは雪解けの頃です。

また、4月になって新学期が始まると本格的に春が訪れるので、冬が終わったと感じる人もいるのではないでしょうか。

広告

春はいつからいつまで?

気象庁の基準によると春は3月から5月までの期間です。

雪解けが終わり、植物の芽が見えてくると春の始まりを感じます。

その頃になると土の香りがしてきます。春は嗅覚でも感じ取ることができます。

一方で、徐々に気温が高くなり、セミが鳴き始めると、夏の始まりと同時に春の終わりを感じますよね。

春は、過ごしやすい気温の季節ということもあり、多くの人が一番好きな季節と答えています。

また、日本の春は出会いと別れの季節でもあるので、日本人にとって春は少し特別だと感じますよね。

季節の移り変わりについて、考察が深められたでしょうか?

日本は、四季を楽しめる特別な国なので、それぞれの良さを知って、存分に楽しみたいです

ね!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました