花粉症じゃない人羨ましいもの?花粉症で辛いことって?あるあるは?

生活の知恵

毎年、3月~5月になると花粉症(目のかゆみ、鼻水など)に悩まされている人は多い。

人によっては「点鼻薬、目薬、飲み薬」が手放せない場合も。

春に多くの人を魅了する桜の木でさえ、花粉症患者にとっては悩みのためです。

ではそんな人は「花粉症じゃない人を羨ましく思っているのか?」色々な人に聞いてみました。

また、花粉症の辛いエピソードやあるある話についても紹介しています。

広告

花粉症じゃない人羨ましいもの?

アヤミさん
アヤミさん

めちゃめちゃ羨ましいです!

この辛さを知らないなんて・・・・

花粉症って日常生活に支障ができるくらいけっこう大変な症状なんですよ。

目が痒くなるし、鼻水止まらないし。

カスミさん
カスミさん

そうですね。

あと室内では絶対に窓を開けてほしくないですね。

窓を開けて室内を換気したら花粉が入ってきて地獄なんですよね。

でも、部屋が籠っちゃうし・・・・

春はそんな感じです・・・

花粉症じゃない人にはわからないでしょう。

カズキさん
カズキさん

共感します。

絶対に花粉症の人じゃないとわからないですよね。

あと僕は桜の木に対してもアレルギー反応が出ます。

症状は目のかゆみ、鼻水などです。

だから桜並木とか通り過ぎるときに本当に最悪ですよね。

みんなが美しいと感じる景色も私にとっては「恐怖でおぞましい景色」に見えています。

ミライさん
ミライさん

花粉症じゃない人は羨ましいですよね。

だから軽々しく「花粉症なんだ~」とか言わないでほしい。

花粉症になってみて初めて地獄が分かりますよ。

どれだけ毎年、辛いか?ぜひ体験してほしいものです。もう本当に最悪ですからね。

わたしは「点鼻薬、目薬、飲み薬」を手放せません。

このように花粉症に悩まされている人は、そうじゃない人を羨ましいと感じています。

もちろん誰が悪いわけでもないです。

でも、ほとんどの人が花粉症じゃない人に対して羨ましいという感情を持っています。

広告

花粉症で辛いことって?

カオリさん
カオリさん

毎年、3月~5月までは目のかゆみ、鼻水に悩まされています。

だからマスクの下で鼻にティッシュを詰めているので、マスクは絶対に取れないですね。

花粉症じゃない人は春を満喫できるので羨ましいです。

わたしは毎年、この春を少しでも快適に過ごせるように悩む毎日です。

タクミさん
タクミさん

そうですね。

花粉症って人によっては目のかゆみや鼻水だけじゃなく、頭痛までする場合もありますからね。

僕の友人も春になると「点鼻薬、目薬、飲み薬」など薬漬けの毎日になっています。

かなり辛そうですね。

ユキノさん
ユキノさん

うんうん。

あとやっと寒い冬を乗り越えたのに春を満喫できないのは辛いですね。

むしろ私は冬よりも春の方が圧倒的に過ごしにくいですね。

室内に居ても窓を開けて換気なんてできませんよ。

でも食べ物の匂いは部屋に籠っちゃうし・・・

八方塞がり状態ですよ。

リカさん
リカさん

わかるわかる!

でも一番つらいのは「花粉症がどれだけ辛いのか?」あんまり理解されていないこと!

花粉症って立派な病気だと思う。

もちろん人によって症状の重さは違うけどさ!

だから花粉症に悩まされてない人に「花粉症なんだ~~」なんて簡単に言われたくないですね。

理解されないのが一番つらい!

まあ誰も悪くはないですけどね。

このように花粉症に悩まされている人は色々な辛い思いをしていることが分かります。

もちろん症状の重さは人それぞれです。

でも、花粉症じゃない人が症状に対して軽はずみな言動するのは控えましょう。

広告

花粉症のあるあるは?

マスクの下で鼻にティッシュを詰める

なるべく花粉を体内に入れたくない人もいます。

だからマスクの下で鼻にティッシュを詰めて通勤や通学する人も多い。

絶対にマスクは取れないですね。

辛さを理解されなくてイラっとする

花粉症の人がイラっとするのがやはり症状の辛さを分かってもらえないとき。

そうじゃない人に「花粉症なんだ~」なんて軽はずみな言動をされたら殺意が湧く人もいるでしょう。

意外にも症状の辛さよりも、こういった理解してもらえない辛さにイライラしている人も多い。

窓を開けて室内が換気できない。

花粉症との戦いはなにも屋外だけではありません。

室内に居ても戦いは行われています。

例えば、窓を開けて換気しようものなら室内に花粉が入ってきて辛い思いをします。

でも、換気しないと部屋が籠ってしまいます。

3月~5月は薬漬けになる

花粉症に悩まされると人によっては「点鼻薬、目薬、飲み薬」が手放せません。

春になると薬漬けになる人も多い。

体の内側や外側から薬を摂取する毎日を過ごします。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました