春の匂い好き?わかる人いる?春の臭いの原因や正体は植物って本当?

生活の知恵

春にお外に出てみると冬とは違う匂いを感じることはありますよね、

人間には感受性が備わっています。

なので潜在的に季節の匂いを感じ取っています。

春の匂いが分かる人は、どこが好きなのか?色々な人に意見を聞いてみました。

一方で春になると不快になる臭いが出てくるのも事実。

春の臭いの原因(正体)やその植物についても紹介しています。

広告

春の匂い好き?

アヤミさん
アヤミさん

春の匂い大好きです。

温かくて優しい匂いがしますよね。

「お日様の匂い」とでも言うのでしょうか?布団を干した後のような匂いがして安心感がありますよね。

ミライさん
ミライさん

うんうん。

冬は何となく乾燥した匂いかな?

でも春は温かみのある香りで、気分をワクワクさせてくれます。

個人的には乾いた土の優しい匂いだと思ってますけどね。

あと公園とかだと花が咲くので「ラベンダー、栗の花、梅、コスモス」など香りがしますよね。

ユキノさん
ユキノさん

確かに!

春になると木々や花の香りもしますよね。

冬を頑張って越した植物たちが春になると咲き誇って元気になりますからね。

ウッディーな香りもしますし、ラベンダーのようなフローラルな香りもありますよね。

リカさん
リカさん

「土、木々、花、お日様」など春は色々な匂いが合わさっているように感じますね。

だから不思議と心が穏やかになります。

難しいですが「なんだか良いことありそう!」と思わせてくれる匂いだと思いますよ。

まあ、花粉症の人は大変でしょうけどね。

このように春の匂いが好きな人は多いですね。

もちろん一定数春の匂いが嫌いと感じる人もいます。

感受性は人それぞれです。

広告

春の匂いわかる人いる?春に感じる季節の香りに対する表現を聞いてみた

カズキさん
カズキさん

春は自然の匂いがするように感じます。

透き通ったクリーンの空気が流れている印象ですかね。

木々や花の匂いが春になると強く感じられます。

特に公園に行くと春の匂いが流れるように香るので、季節を実感しやすいですよ。

カスミさん
カスミさん

春と言えば、温かみのある優しい香りがしますね。

あと場所によって匂いが違いますよね。

公園は「土や花や木の自然の香り」

住宅街は「日に当たったアスファルトの乾いた匂い」

ビル街は「コンクリートとホコリの匂い」

特に春になると色々な匂いがふんわりと香っているように感じます。

マミさん
マミさん

春と言えば赤ちゃんの人肌の匂いがあるように感じます。

特に晴れの日(快晴)だと日に当たった土や木々、アスファルトの乾いた匂いがふんわりと香ってきますよ。

逆に雨だとジメジメした匂いがありますよね。

どうでしたか?

このように春に関する表現は人それぞれです。

春になると色々な花が咲き誇ります。

公園に行くと花の香りが楽しめるので、ぜひ散歩してみるのも良いでしょう。

広告

春の臭いの原因や正体って何?

春は良い匂いだけではありません。

不快になる「臭い」もあります。

その代表的な臭いが栗の花の香しい臭気です。

この栗の花は一般的に「生臭い、イカ臭い、男性が精通した体液の臭い」など色々な表現で揶揄されています。

春に感じる不快な臭いがする原因ほとんどは栗の花が正体です。

もちろん他にもありますよ。

水分を吸った土の苦い泥のような臭い

木々の葉っぱの青臭い異臭

水分を含んだ空気の湿気る臭い

など春の臭いの正体は様々です。

必ずしも良い臭いばかりとは限りませんよ。

広告

春の季節に感じるイカ臭い植物の正体は栗の花って本当?

上記でも少し登場していますが、春になると公園や並木道とかで「不快なイカが腐ったような臭い」を感じることありますよね。

これは「栗の花」という植物の臭いです。

この栗の花は春~夏にかけて咲く花。

多くの人を不快にさせている臭いの正体です。

この栗の花の下っぽい臭いは「生臭い貝類、イカの臭い」など色々な表現で知られ、古くからネタや逸話にもされるほど認知されています。

広告

季節の匂いを感じるのは感受性が豊かな証拠なの?

人間の多くのは感受性を持っています。

この感受性は潜在的に季節の匂いを感じ取っているのも事実です。

だからこそ「春、夏、秋、冬」など季節によって匂いが違うように感じるのです。

また季節の匂いに関する表現方法は様々ですが、下記に一例を紹介します。

春「お日様の暖かな匂い」

夏「木々や葉のエネルギッシュな匂い」

秋「哀愁を感じる重厚感のある匂い」

冬「淀みない綺麗な空気の匂い」

これらはあくまでも一例です。

人には感受性があり季節の匂いを潜在的に感じ取っているのです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました