イエベ秋も黒が着たい対処法!メイクや洋服が似合う方法4選

生活の知恵

イエベ秋と診断されたけど、黒を着たいと言う人も多いですよね。

事実、イエベ秋だけど、黒い洋服やメイク、髪色など黒を取り入れたいと考えている人も多い。

では、イエベ秋も黒を取り入れたファッションやメイク、髪色は可能なのか?お悩みを解決していきましょう。

広告

イエベ秋も黒が着たい対処法とは?

イエベ秋だから黒などを着るのは不可能なのかも。

と考えている人もいるでしょう。

イエベの場合、暖色系や温かみのある色など明るめの色が多いです。

なので、色が濃い黒や濃すぎる黒や灰色を混ぜた色だとどうしても似合わないと言われています。

でも、イエベ秋だからといって黒を着てはいけないと言うことはないので、ぜひ、取り入れてみると良いですよ。

ただし、他とのバランスを考える必要があります。

色合いのバランスやアクセサリー、メイクなどの工夫することで、黒を着ても暗いイメージになってしまうのを防ぐことができますよ。

自分のパーソナルカラーは顔色をよく見せるための色なので、ここは外してはいけません。

パーソナルカラーを知って、把握した状態で黒を取り入れると良いのです。

ワンポイントで黒を取り入れてみたり、黒のタートルネックなどを着たら、アクセサリーや髪の色、メイクなどでパーソナルカラーの色を持ってくれば良いのです。

また、ワンピースなどインナーに黒を取り入れてみたりするのもおすすめですよ。

全体のバランスと色あいを考えながら取り入れてみてくださいね。

イエベ秋だから黒は似合わないなんて思う必要ありませんよ。

黒を使いたい時は、黒をポイントで持ってきたり、素材の違ったものを着てみたり、アクセサリーをゴールドやシルバーにしてみたりすると良いでしょう。

顔のまわりから少しはしたところに黒を使うことをお勧めします。

黒を顔に使ってしまうと、顔がくすんで疲れたように見えてしまうので注意してくださいね。

全体のバランスを考えながら黒を上手に使ってみると良いですよ。

広告

イエベ秋の女子がメイクやファッションに黒色を取り入れたいときの方法4選!

イエベ秋の人が黒色を取り入れたい時は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

いくつか方法をご紹介いたします。

ワンピースなどのインナーとして黒のニットを着る

全て黒にするのではなく、部分的にアクセントになるように取り入れてみると良いでしょう。

インナーに黒を取り入れることで、おしゃれな感じに仕上げることもできますよ。

黒いお洋服と組み合わせの色を考える

全て黒色にするのではなく、黒色+カーキやサーモンピンク、黒色+白色など色を考えて組み合わせて着ると良いでしょう。

エレガントなイメージに仕上げることができますよ。

アクセサリーにゴールドやシルバーを使う

黒の服に合わせるアクセサリーをゴールドにしてみるのもおすすめですよ。

ゴージャスな感じになって、華やかで明るいイメージになります。

黒一色にしたいときはいろいろな素材を組み合わせ華やかな明るめの黒にする

素材が、輝いている黒の生地を使ったものを着れば、黒一色でも暗いイメージになりません。

ベルベット素材の羽織ものをきたり、レザーのスカートやパンツを履いて引き締めてみたり。

同じ黒でも別な素材のものを組み合わせても良いでしょう。

広告

イエベ秋に黒は似合わないって本当?

イエベ秋には黒が似合わないってよく言われていますよね。

それは、イエベ秋の場合、肌のトーンが暗めの人が多いので、メイクに黒を使ってしまうと余計暗いイメージに見えてしまうのです。

黒が似合わないと言うわけではありません。

取り入れ方次第でぴったりな色合いにすることができますよ。

黒を使いたい時は、顔から離した位置に取り入れてみると良いでしょう。

常に、自分のパーソナルカラーを取り入れて、バランスを考えながら黒も使うのが良いです。

黒と組み合わせる色も重要ですよ。

また、アクセサリーにゴールドやシルバーを使うことでより一層華やかなイメージにすることができます。

取り入れ方次第で、イエベ秋の場合でも黒がぴったりになるので、ぜひ試してみてくださいね。

広告

イエベ秋でも黒が似合う人っている?

イエベ秋でも黒が似合う人っているのでしょうか。

結論から言うと、黒が似合う人はいます。

自分のパーソナルカラーをしっかり把握した上で、上手に黒色と組み合わせているのです。

黒を着ていても、華やかに見えさせるようにメイクやアクセサリーなどで工夫していたり、顔が映えるように上手にコーディネイトしていたり。

目の色を変えてみたり、髪の色を変えてみたり、工夫次第で黒がよく似合うようになりますよ。

広告

イエベ秋は黒と白どっちが相性良いの?

イエベ秋は、黒と白、どっちの相性が良いのかというと、取り入れ方によってどちらの色とも相性が良くなりますよ。

工夫次第なのです。

ただ、黒をきる、とか白だけ取り入れたのみではダメです。

自分のパーソナルカラーを把握して組み合わせることで、より良いコーディネートができるのです。

白や黒にも負けないぐらいに、自分の魅力をアピールすることができますよ。

顔のうつりが暗くならないようにしないといけません。

せっかくの黒や白を着ても、暗いイメージになって、顔色が悪く見えてしまったらそれこそ一大事です。

黒を取り入れるときは、できるだけ自分の顔から離した位置に入れるのが良いでしょう。

もしくは、ポイント的に入れたりするとよくなります。

白もくすんだ色を使ってみたり、白と自分のパーソナルカラーを組み合わせたコーディネートにしてみたりするとおしゃれになって良いでしょう。

黒も白も、同じ黒や白であってもいろいろな種類があります。

上手に組み合わせてみてくださいね。

忘れてはいけないことは、パーソナルカラーと相性の良い色を組み合わせること。

自分に似合う色と組み合わせれば、どちらとも相性が良くなるのでぜひ試してみてくださいね。

広告

イエベ秋に似合わない髪色って?

イエベ秋の人に似合わない髪の色ってあるのでしょうか。

結論から言うとあります。

青みがかった寒色系のカラーやコントラストがはっきりしているビビットカラーはあまり似合わないとされていますよ。

似合わない色を髪に取り入れてしまうと顔色が悪くなってしまうのです。

また、寒色系カラーのブルージュ、グレーアッシュなども顔の血色がくすんで見えてしまう色で取り入れない方が良いでしょう。

バイオレットのものを取り入れると、髪がすごく重たい印象になってしまいますよ。

ピンクアッシュは、お肌を黄色くくすんだ感じにさせてしまうので、注意が必要です。

色を入れたいと思ったら、オレンジ系やレッド系がオススメですよ。

それでも、青みのあるカラーを選んでみたいと思った時は、美容師さんに相談してみてくださいね。

自分に合ったカラーを取り入れれば、魅力的で素敵な感じになるので試してみてください。

ちなみにイエベ秋の人にとって似合うとされている色は、アースカラーやカーキ、深みのあるオレンジ、チョコレートブラウン、レッドブラウン、ダークブラウンなどです。

黄色の色味が主張し、ダークトーンの上品な色が相性が良い傾向にあります。

少しクセの強い色を取り入れたいときは、赤みが強めのオレンジレッドやレッドブラウン、などを組み合わせると良いですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました