夏休み宿題やらせ方は?宿題をやらない子供にかける言葉は?将来は?

生活の知恵

夏休みといえば、子供たちが待ち望む連休ですが、母親にとっては宿題をやらない我が子にイライラすることになりますよね。

子供は膨大にある夏休みの宿題に手をつけたがらないものです。

親としては、将来が心配ですし、宿題をやらない子供にかける言葉に悩まされるものです。

では、子供に夏休みの宿題をやらせるにはどんな方法があるのか?

記事を読んで参考にしてみましょう。

広告

夏休み宿題やらせ方は?

親であったら誰でも我が子には勉強習慣をつけてもらいたいでしょう。

子供に夏休みの宿題に対してのやる気を持たせる方法は複数存在します。

その中のいくつかを紹介します。

一つ目は「勉強(宿題)をしなさい!」と発言を控えること

子供は、しつこく言われたり怒られたりするとやる気を無くすものです。

怒るのでなく、今できていることを褒め、促しましょう。

子供は叱るよりも、褒める方がヤル気を起こしやすいものですよ。

特に親御さんに褒められることを誰よりも喜ぶのが子供です。

二つ目は宿題の意味を話し合い理解させること

小学生の子供は「何故自分は宿題をしなければいけないか」という疑問を持つことが多いです。

その場合、「学生なんだから当たり前でしょ」などと言った回答は逆効果です。

子供なりの答えを見つけられるように、とことん話し合ってみましょう。

三つ目はご褒美をあげること

ここでのご褒美は、「褒め言葉」や「子供が欲しがっているもの」の2つを指します。子供でも大人でも、何かを貰えたり褒められりすると自ずとやる気が出るものです。おもちゃや食べ物、イベント、ゲームなんでも構いません。

本人に何が欲しいのか、しっかりと聞き適切なご褒美を設定することが重要です。

四つ目は子供を褒めてあげること

宿題をやらせるためにご褒美を用意するのは得策ですが、毎回、ご褒美を用意するわけにもいきませんよね。

そこで、物の代わりに褒め言葉を定期的にかけることも重要でしょう。

子供は親に褒められることが何よりもうれしいものです。

褒めながらやることで、子供もヤル気になるでしょう。

また、親が褒めてあげることで、子供がその教科を好きになり、結果として成績が右肩上がりになる場合もあります。

広告

夏休みの宿題をやらない子供にかける言葉は?

前述した通り、強く怒らないことが重要だと言えます。

「やらなくて大丈夫?」

「あとで大変なことになっちゃうんじゃないかな」

このように優しく呼びかけることが大事です。

親に叱られると子供はヤル気をなくしたり、苦手意識がついて集中できなかったりしますからね。

「一緒にやってみようか」「わからないところがあったら教えるよ」などと寄り添う姿勢を見せることが効果的です。

また子供が宿題に取り掛かったら、褒めて応援してあげましょう。

子供にとって親に褒められることが何よりも嬉しいことだからです。

広告

夏休みに子供が宿題をやらないことに親がイライラしないでやる気を出させる方法は?

宿題になかなか取り掛からない子供にイライラしてしまう気持ちは理解できます。

ですが、子供に宿題をやらせたいのであれば、その気持ちは抑えましょう。

イライラしたまま、宿題をしろと促しても子供に苛立ちが伝わってしまいます。

結果として、子供が宿題に対してマイナスなイメージを強く抱いてしまいます。

一旦気持ちを落ちつかせ、柔らかい言葉をかけてみましょう。

どうしても取り掛からない場合は、ご褒美を用意するのも良いでしょう。

例えば、宿題を全部終わらせたら欲しいものを買ってあげるという約束でも良いですね。

あくまでも宿題に取り掛かるきっかけとして、ご褒美を用意するのも良いでしょう。

広告

夏休みの宿題をやらない小学生の子供の将来はどうなる?

小学生の時に夏休みの宿題をやらないという経験は、将来に悪い影響を与えると考えられます。

小学校を卒業しても、いずれは中学校や高校に進学し宿題をこなすことになります。

中学校や高校は、小学校とは違い厳しく宿題の内容も難しいですからね。

小学生の時に夏休みの宿題をする習慣をつけなければ、悪い結果に陥ることが容易に想像できてしまいます。

当然、苦しむのは子供自身です。

そのため、小学生のうちに夏休みの宿題をするという習慣をつけることは必須なのです。

親の役目は子供が宿題をしやすい環境を作ってあげることです。

例えば、親が褒めたことがきっかけになって、子供がその教科を好きになることだってあります。

そうすれば、成績も伸びますし、勉強ができれば、得なことはあっても損なことは何もないですからね。

広告

宿題をしない子は発達障害って本当?

夏休みの宿題をやらないということだけで発達障害と判断するのは早すぎます。

しかし発達障害ではないとは言い切ることはできません。

発達障害を持つ子供の特徴として、

ワーキングメモリ(作業記憶の容量)が少なく、気が散りやすい。

脳に発達が遅れており、やりたくないことを実行するときに時間がかかる

といったものが挙げられます。

日本の小学校においての宿題の制度とは、非常に相性が悪いと言えるでしょう。

いくら言っても宿題をしないなど状態が慢性的に続く場合、一度医療機関を受診してみるのも一つの手かもしれません。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました