赤城ダルゴナコーヒーアイスカップどこに売ってる?販売店や値段は?

グルメ情報

ダルゴナコーヒーといえば韓国で流行った飲み物ですよね。

この度、赤城乳業からダルゴナコーヒーアイスカップが販売されています。

では、赤城ダルゴナコーヒーアイスカップはどこに売ってるのか?

このページでは「コンビニやスーパーで買える販売店、値段(価格)、ネット通販店、カロリー、糖質量、賞味期限」などについて解説しています。

「赤城ダルゴナコーヒーアイスカップがどこにも売ってない」という人は最後まで見ておきましょう。

広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップどこに売ってる?コンビニやスーパーで買える販売店を紹介

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップは全国のコンビニやスーパーマーケット、ショッピングセンターなどで販売されていますね。

赤城乳業の関する購入者情報を参考にするとコンビニよりも、スーパーマーケットやショッピングセンターなどで積極的に取り扱っています。

ちなみに、コンビニで買う場合は「セブン、ファミマ、ミニストップ、ローソン、スリーエフ」などの大手メーカーで売っていますが、地方にしかないコンビニでも買うことができますよ。

スーパーマーケットで買う場合は「イオン、イトーヨーカドー、マルエツ、西友、マックスバリュー、万代、京急百貨店」などの大型スーパーがオススメですよ。

他にも「マルエツ、ヨークマート、食品あおば、ドン・キホーテ」などの中小規模のスーパーでも売られています。

まずは、お近くの食品を扱っているお店に足を運んでみよう!

でも、土地(地域)や店舗によって入荷数が違ったり、そもそも入荷してなかったりするのも事実。

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの取り扱いは土地によって偏りがありますからね。

「どこにも売ってない」なんて声があるのも事実ですよ。

そんなときは、赤城乳業の公式サイトに問い合わせて、自分の近所のお店で入荷している店舗を確認してもらおう!

ネット通販で買うのもオススメですよ。

広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの売り場所はどこに置いてある?

赤城ダルゴナコーヒーアイスはアイスクリームコーナーにて販売されています。

これはコンビニやスーパーマーケット、ショッピングセンターすべて同じです。

もしこの場所になければ、その店舗で売られている確率は低いでしょう。

まずは、目的のお店に電話して、取り扱いの有無を確認するのが一番でしょう。

そうすれば、無駄足にならないで済みますよ。

広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップがどこにも売ってない売り切れならネット通販で買える?

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップは土地(地域)や店舗によって入荷数が違いいます。

品切れ(売り切れ)になったり、そもそも入荷していなかったりなんてこともあります。

すると「どこにも売ってない・・・」なんて状況にもなるでしょう。

そんなときは、ネット通販で購入するのが一番です。

ネット通販といえば「アマゾンや楽天、YAHOOショッピング」ですよね。

他にもイオンやイトーヨーカドーではネットストア(オンラインスーパー)も経営しています。

初めは会員登録が必要ですが、登録すればイオンやイトーヨーカドーで取り扱っている所品をオンライン上で購入することができます。

ぜひ、検討してみよう!

他にも、赤城乳業株式会社の公式サイトに直接お問い合わせするのもオススメですよ。

あなたのために何かしらのアクションを起こしてくれるハズです。

広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの値段と内容量は?定価の販売価格を紹介

内容量:135ml

値段:140円(税抜きの販売価格)

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの値段は内容量が135mlに対して、税抜き140円になっています。

なので、コンビニで買う場合は、140円(税抜き)でしょう。

スーパーマーケットやショッピングセンターでの販売価格は、もう少し安い場合もあります。

実はこの140円(税抜き)というのは、あくまでもメーカー希望小売価格です。

最終的に販売価格を決めるのは店舗側(コンビニ、スーパー)になります。

すべてのお店で該当するわけではありませんが、スーパーやショッピングセンターの方がコンビンの定価よりも安く買える場合もあります。

お菓子やアイスお得に買う方法はこちらへ
広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの発売日と販売期間はいつまで?

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの発売日は12月7日になります。

具体的な販売期間は明記されていませんが、赤城乳業さんから販売されるアイスクリームは通年と考えるのが妥当でしょう。

ですが、メーカーから打診される販売期間と店舗側の取扱期間は全く別物です。

例えば、コンビニやスーパーマーケットでは毎週のように新商品が登場するので、非常に商品のサイクル(入れ替わり)が早いのも事実です。

「先週まであったのに無くなってそれ以降、買えなくなった・・・」なんてこともあります。

店舗の入荷数によって異なるので、一概には言えませんが、店舗側の取り扱い期間は凡そ3カ月~7カ月くらいと考えておこう!

広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップのカロリーや糖質量や脂質量は?栄養成分やアレルギー成分を紹介

カロリー:152kcal(エネルギー量)

脂質量:5.4g

糖質量:23.8g

たんぱく質:2.2g

食塩相当量:0.13g

アレルギー成分:乳成分、大豆、ゼラチン

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップのカロリーや糖質量や脂質量は上記の数値を参考にしてみよう!

カロリーが152kcal(エネルギー量)に対して、脂質量が5.4gあり、糖質量が23.8gありますよね。

ちなみに、国の研究によると1日の間食(アイスカップ、お菓子)による理想的なカロリー摂取量は200kcalまでと報告されています。

なので、特にダイエット中の人は太る要因にもなるので、食べ過ぎは注意しましょう。

ちなみに、アイスクリームなので食べ過ぎると「下痢、腹痛、便秘」などを招くこともあるので注意が必要です。

アレルギー成分である「乳成分、大豆、ゼラチン」に対してアレルギー反応がある人は注意しましょう。

甘い物を食べても太らない解決法はこちら
広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの保存方法や賞味期限はいつまで?

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップの保存方法は-18℃以下の環境で保存すること!

つまり冷凍庫に入れておくことが条件です。

賞味期限に関する情報はパッケージに明記されている場合は、それを守るようにしましょう。

ですが、基本的にはアイスクリームには賞味期限はありません。

というのも赤城ダルゴナコーヒーアイスカップのようなアイスクリームは、冷凍保存することを前提として製造されています。

-18℃以下の保存環境では菌が繁殖することもないので、食品が傷むこともなければ、味が落ちることもありません。

なので、アイスクリーム商品というのは、賞味期限の記載を省けることになっています。

例えば1年間ほど賞味期限が切れていても美味しく食べることができますよ。

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップは冷凍保存するのであれば、賞味期限を考える必要はありません。

もちろん、早く食べるに越したことはありませんけどね。

広告

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップどこに売ってる?販売店や値段は?~まとめ

赤城ダルゴナコーヒーアイスカップは全国のコンビニやスーパーマーケット、ショッピングセンターなどのアイスコーナー売り場にて販売されていますね。

赤城乳業のアイスに関する購入者情報を参考にするとコンビニよりも、スーパーマーケットやショッピングセンターなどで積極的に取り扱っています。

また、販売価格(定価の値段)もコンビニよりもスーパーやショッピングセンターの方がお得に買えるのでオススメですよ。

ですが、地域(土地)や店舗によっては入荷数が異なったり、そもそも入荷していなかったりなんてこともあります。

そうなると「どこにも売ってない、品切れ(完売)」なんてことになりますよね。

そんなときは、ネット通販を利用したり、赤城乳業の公式サイトに直接問い合わせてみるのもオススメですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました