夏休みの宿題が人生左右する?計画的にやるべき?やらないタイプは?

生活の知恵

夏休みの宿題って人生において必要あるのでしょうか?

学生なら一度は考えたことがあるでしょう。

学生にとって夏休みの宿題は、量が多すぎて計画的に取り組まないと終わりません。

放棄したいと考える生徒も多い。

では、夏休みの宿題は人生を左右するのか?色々な人に意見を聞いてみました。

また、宿題を「やるタイプ」と「やらないタイプ」で人生に違いが出るのか、についても解説しています。

広告

夏休みの宿題が人生左右する?

ユキノさん
ユキノさん

人によるとは思いますが、まあでも、夏休み宿題を呆けている学生は何事もルーズな印象ですね。

面倒なことをサボって逃げるような人間性だと、人生に影響するかもですね。

もちろん、合理的に考えて、宿題をやらない人もいるし、将来的に夢があって、宿題をやる時間が設けられない人もいますしね。

タクミさん
タクミさん

夏休みの宿題は成績に影響出ますよ。

内申点は中学生も高校生も大事になってきますからね。

成績に関わることは、やっておいて損はないですよ。

中学校なら内申点に影響出て、受験が不利になります。

高校生であっても成績に影響が出れば、大学への指定校推薦で選択肢が狭まるでしょう。

結果として、人生を大きく左右することになりかねませんね。

カオリさん
カオリさん

計画的に物事に取り組めない人は、サボリ癖が付いてしまうと思います。

宿題って、物事に取り組む計画性も養うために、学校側が設けているのではないかと思いますね。

今から練習する機会を与えているのかも?

そういった意味ではやはり物事に取り組む計画性を養うことを放棄した人は、人生も行き当たりばったりで、無計画になっていくんじゃないかな?

夏休みの宿題が人生左右するか?

答えは【する事もある】です。

夏休みを単なる長い休みと思って過ごしている人と社会に出てから困らないよう計画を立てながら生活している人では、明らかに将来的に大きな差が生まれます。

夏休みの宿題を終わらせたと言うことが重要なのではなく、如何に計画を立てて行えたかが重要です。

間に合わなければ、いつまでに終わらせられるのかまた計画を立てる。

夏休みの宿題は社会で生きていくための練習です。

夏休みをだらだら過ごさないように出されているのではありません、学生に苦痛を与えようと出しているわけでもありません。

まぁ、歴史の勉強なんて、もはや誰得レベルにどうでも良いことですが(一般的に生きる上では必要ない知識と言う意味です。)そう言う課題でも嫌でもこなすことが大切です。

仕事や生活していく中で嫌なことなんて腐る程あります。

後回しにしたり、逃げるのではなく上手に向き合っていけるようになりましょう。

向き合ううちに、最短でできる方法や嫌なことの躱しかたが身につきます。

今のうちに計画を立てる練習して習慣化しましょう。

広告

夏休みの宿題は計画的にやるべき?

闇雲にやるよりは計画的に進めていくのが良いでしょう。

と言うのも、1日の時間の中でリズムを作っておくと自然に宿題が出来るからです。

小学生の頃は夏休みの1日の過ごし方を、書いたりしていたのに次第に書かなくなりましたよね。

中学生、高校生ともなると、自分の事は自分で決めれて当たり前の歳ですから計画を立てる事も出来るはずです。

どの科目から進めていくのか苦手な科目から先にやってしまって残りは余裕をもってやるなど自分にあわせた計画を立てるようにしましょう。

また、夏休みの宿題は1日2日で終わるような量ではありません。

計画的に進めないと、なかなか後半になって苦労したり、間に合わなくなったりするでしょう。

広告

夏休みの宿題をギリギリ最後までやらないのはダメ人間なの?

その時点でダメ人間かは判断できません。

ですが、将来的にダメ人間になる可能性はゼロとも言えません。

夏休みの宿題に限らず、ルーズな人は何に関してもルーズです。

後回し、先送りにしている間に、やらなくてはならないことが山積みになり、どうして良いのかわからないので結局やらないままになるのです。

「まぁ、いいか。明日やろう。」は基本的に良い傾向ではありません。

【明日やろうは、馬鹿野郎。】と言う言葉があるように、今、出来ることは今やるべき。

社会に出てから、困らないよう学生のころから期限までに終わらせれるよう計画を立てれる人になる練習をしておきましょう。

社会からの信頼というのは期限を守れる人、投げ出さずにやり遂げる人など様々ありますがまずは、何事においても期限を守るが一番重要です。

広告

夏休みの宿題を「やるタイプ」と「やらないタイプ」は将来的に何か違いが出る?

違いがあるとすれば、計画を立てて生活していけるかという部分が大きく違うと思います。
「やるタイプ」の人は先のことを考え計画的に物事を進めていける力があります。

「やらないタイプ」の人は、行き当たりばったりの人生になりがちで、期限を守れなかったり、約束を破ったり何かとルーズになります。

そう言う人からはどんどん友人や知り合いの人、家族でさえ疎遠になり孤独化していきます。

そして、気がつかないうちに一人になっているのです。

自分に課せられた責任を取ってこそ信頼できる人になります。

例外はもちろんありますが、あくまで例外です。

自分は特別と思い込んでいないで、できることはできるうちにコツコツとやっていくことをお勧めします。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました