ローラ坂上どうぶつ王国!多頭飼育崩壊の原因は?猫の引き取り先は?

芸能

坂上どうぶつ王国は動物に関するテーマを取り上げるバラエティ番組です。

出演者は俳優の坂上忍さんをはじめとし、女優の片平なぎささん、お笑い芸人サンドウィッチマンや野生爆弾くっきー、 King & Princeの高橋海人さん堀田真由が出られていますね。

今回、モデルや女優など、幅広い活躍をするローラさんが出演した坂上どうぶつ王国では、多頭飼育崩壊と日本一大きい猫について取り上げられました。

では、多頭飼育崩壊やその原因は何なのか?

ページを読み進めて見ていこう!

広告

ローラ坂上どうぶつ王国!多頭飼育崩壊って何?原因や事例を紹介

ローラさんや坂上忍さんなどが出演する「坂上どうぶつ王国」で取り上げられた多頭飼育崩壊はどの家にも起こりうる問題です。

例えば、ペット(猫ちゃんやワンちゃん)をお家など同じ一つの場所で当初は適正頭数を飼っていたが、不妊手術など繁殖抑止への措置を飼い主が行わないままに無計画に飼った結果に多頭飼育崩壊が起こるケースも少なくありません。

飼い主の予想を遥かに超えてペット(猫ちゃんやワンちゃん)の過剰な繁殖が繰り返され多頭飼育となり、経済的にも飼い主がペットを育てることができず、破綻して飼育放棄(ペットへのネグレクト)になる現象が各地で起こっています。

悪質な飼い主の場合、ペットを放置して逃げてしまうなんてこともあります。

多頭飼育崩壊した現場では「病気、餓死、騒音、悪臭」などが生じ、動物虐待や近所トラブルとなっている場合も多い。

ローラさんが出演する坂上どうぶつ王国で取り上げられた多頭飼育崩壊の原因は他にもあります。

飼主の孤独死や病気、行方不明などによって過度な繁殖が繰り返され多頭飼育崩壊になるのも原因の一つ!

こういった多頭飼育崩壊は動物愛護団体などボランティア団体が発見し、サポートするケースもあるが、保護先が確保できなければ、そのまま放置されるケースもあります。

日本では2016年時点で多頭飼育による現場は全国約1800件ほどの件数が報告されています。

広告

ローラ坂上どうぶつ王国!多頭飼育崩壊の原因って?

繁殖業者(ブリーダー)による原因

繁殖業者(ブリーダー)が営利目的で人気品種をどんどん繁殖させたものの、人気種が変わり、売れ残ったことで、経営が破綻。

そして、経営破綻の結果として飼育(ワンちゃんや猫ちゃんへの飼育)が崩壊するケースもあります。

動物は、狭いケージに拘束された状態で、不衛生な管理で皮膚病は言うまでもなく、室内で病気が蔓延したり、糞尿や死体が放置されたりするケースもある。

このように営利目的で、殺処分や崩壊を繰り返すことも少なくない。

 

過剰多頭飼育者(アニマルホ―ダ―)による原因

避妊・去勢手術をしない飼い主の動物が繁殖を繰り返すことで、経済的にも精神的にも手に負えなくなった結果、多頭飼育崩壊を招きます。

室内にワンちゃんや猫ちゃん動物が異常繁殖した認識して、無責任な飼い主が飼育を放棄、動物を置き去りにし、その場からいなくなるケースもあります。

 

アニマルカフェなどのお店による経営難が原因

アニマルカフェのような常に多くのワンちゃんや猫ちゃんを飼って営業しているため、このお店が経営難に陥いることも多頭飼育崩壊の原因の一つ!

動物を増やし過ぎた挙句に経営難になることで、飼養困難を招く多頭飼育崩壊になることもあります。

経営者は動物を放置し、大部分の動物は衰弱、一部は死亡することも。

 

ボランティア団体による原因

実は猫ちゃんやワンちゃんの多投飼育崩壊は、動物を保護するボランティア団体でも起こることだってあり得ます。

ワンちゃんや猫ちゃんを保護する団体に周囲から飼えなくなったペットを強制的に押し付けられることで、適正飼育頭数を超えてしまい、飼育者の病気や不慮の事故などが引き金となって突然崩壊する。

押し付けられたペットを保護する頭数が許容能力をオーバーした場合に、経済的や人員不足によってボランティア団体が動物の飼育不可能となる”二次崩壊”を起こす場合もあります。

広告

ローラ坂上どうぶつ王国!多頭飼育崩壊の猫の引き取り先は?

ローラさんが出演する坂上どうぶつ王国では、多頭飼育崩壊は取り上げられましたね。

そんな多頭飼育崩壊や飼い主に飼えなくなって保護された猫や犬を引き取るという人も多くいます。

保護された猫ちゃんやワンちゃんは、新しい飼い主の下で幸せに過ごすというケースもあります。

多頭飼育崩壊などによって保護された犬や猫の引き取り先は下記の2つのリンク先を参考にしてみましょう。

①詳細情報はこちら ②詳細情報はこちら
広告

ローラ坂上どうぶつ王国の大きい猫の種類って?

ローラさんが出演する坂上どうぶつ王国では、大きい猫についても取り上げられましたね。

そこで、下記には大きい猫の猫種(びょうしゅ)ランキングと飼いやすい条件を紹介しています。

大きい猫の猫種(びょうしゅ)ランキング

10位:オシキャット

9位:サイベリアン

8位:セルカークレックス

7位:シャルトリュー

6位:エキゾチックショートヘア

5位:ベンガル

4位:ラグドール

3位:メインクーン

2位:ノルウェージャンフォレストキャット

1位:アメリカンショートヘア

 

飼いやすい大きい猫の条件は?

飼い主に甘えん坊であること!

飼い主さんに頻繁に甘える猫ちゃんは大きくても飼いやすい!

人懐こい猫ちゃんは飼いやすい傾向にあります。

体が大きいと威圧的に凛々しく見えますが、大型猫にも甘え上手なネコちゃんも多いですよ。

 

性格が優しくて温厚であること!

大型猫は体が大きいため、動きがのんびりとしていますよね。

大型の猫は行動が大人しいタイプも多い。

意外にも大型の猫ちゃんは飼いやすいものです。

優しくて温厚な猫ちゃんは、ほとんど怒りませんし、大人しく静かです。

大型でも大人しい描種は飼いやすい傾向にあります。

 

賢く飼い主に従順であること!

賢い猫ちゃんは、飼い主との意思疎通に長けているので、しつけしやすい傾向にあります。

しつけやすい猫ちゃんは大型でも買いやすい傾向にあります。

意外にも大型の猫ちゃんのほうがしつけがしやすい場合もありますよ。

広告

ローラ坂上どうぶつ王国の多頭飼育崩壊とは?大きい猫の種類って?~まとめ

坂上どうぶつ王国は動物やペットに関するテーマを取り上げる情報バラエティ番組。

番組内の出演者は司会業や俳優業で活躍する坂上忍さんをはじめとし、女優の片平なぎささん、お笑い芸人のサンドウィッチマンや野生爆弾くっきー、 King & Princeの高橋海人さん堀田真由が出演しています。

今回、モデルや女優など、幅広い活躍をするローラさんが出演した坂上どうぶつ王国では、多頭飼育崩壊と日本一大きい猫について取り上げられました。

多頭飼育崩壊は日本でも社会問題になっています。

その原因は、経済的や精神的な理由の育児放棄や営利目的に繁殖させた結果、経営難に陥り飼えなくなるなど、様々なケースがあります。

そんな多頭飼育崩壊によって放置されたワンちゃんや猫ちゃんを保護するために動物愛護団体やボランティア団体の人たちが日々活動しています。

動物愛護団体やボランティア団体から保護された猫ちゃんやワンちゃんの引き取り先もあるので、ぜひ検討してみましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました