暖房つけさせてくれない対処法9選!つけると怒られるなら?

生活の知恵

冬の寒い時は、暖房がないと過ごせなくなることもありますよね。

暖房が必需品と言っても過言ではないでしょう。

旦那がケチで寒いのに暖房をつけようとすると、怒られるのでどうしたら良いか?悩んでいる主婦も多い。

では、一緒に住んでいる旦那(夫)が暖房つけさせてくれないときの対処法について見ていきましょう。

  1. 暖房つけさせてくれない対処法9選!
        1. 厚手のカーテンをつける
        2. 電気代を折半する
        3. 室内で「ダウンジャケット・サウナスーツ・ウィンドブレイカー」を着る
        4. 旦那さんがいない時に部屋を温めておく
        5. 部屋の機密性を高めておく
        6. できるだけ温かい飲み物を飲むようにする
        7. 体質改善をしてみる
        8. お鍋をしたりする
        9. なぜ暖房をつけてくれないのか理由を聞いてみる
  2. 暖房をつけると怒られるなら何て説得するのが良い?
        1. 「旦那さんの健康管理をしたいから」と言う
        2. 「暖房をつけない代わりに他の代用品がほしい」と言ってみる
        3. 「家を守るためにつけさせてほしい」と言う
  3. 暖房をつけると怒る心理って?
        1. 自分の気持ちで暖房をつけたいから(自己中)
        2. 暖房は無駄だと昔からそういう環境で育っているから
        3. お金があると安心するから
        4. もったいないと思ってしまうから
  4. 暖房をケチる旦那と上手に共同生活していく方法は?
        1. 相手の価値観を理解する
        2. 旦那がいない間に暖房を使ったり自由にする
        3. 旦那さんと光熱費について詳しく話してみる
        4. 貯金をする
  5. 光熱費にうるさいケチな旦那(夫)の性格って治らないの?
  6. エアコンの暖房をもったいないとケチる旦那に何て説得するべき?
        1. 「風邪を引くからつけさせて」と言う
        2. 請求書を見せて暖房をつけてもつけなくてもさほど変わらないことを示す
        3. 温度を高くしなければ節約になることを伝える
        4. 「家を守るためにも必要」と言ってみる
  7. 暖房をつけなくても室内で温かく過ごす方法は?
        1. 普段よりも厚着する
        2. ホッカイロをはる
        3. 足湯をする
        4. 室内ばきを履く
        5. 隙間を埋める
        6. ホットカーペットやコタツを利用する
  8. 冬でも暖房つけない人って寒くないの?
広告

暖房つけさせてくれない対処法9選!

暖房をつけようとしたら、怒られてしまう、つけさせてくれない時はほんと困ってしまいます。

旦那さんがどうしても暖房をつけさせてくれない時の対処法として次の方法がありますよ。

いざという時に参考にしてみてくださいね。

厚手のカーテンをつける

暖房をつけさせてくれない時の対処法として、厚手のカーテンをつけるのも良いですよ。

冷たい空気が窓からくるので、遮断することで寒さを防ぐことができるのでオススメです。

電気代を折半する

電気代をケチりたい旦那さんには有効な手段です。

もしあなたが働いているのであれば、旦那さんと電気代を折半しましょう。

自分で暖房を使った分の電気代を負担するのであれば、相手も文句を言える立場ではなくなりますからね。

室内で「ダウンジャケット・サウナスーツ・ウィンドブレイカー」を着る

あまりにも部屋が寒い場合は室内でダウンジャケットを着ましょう。

ノースリーブのダウンジャケットもあるので、そちらもオススメです。

ダウンジャケットが嫌ならウィンドブレイカーやサウナスーツだと、保温性もあり、動きやすくなるのでオススメですよ。

旦那さんがいない時に部屋を温めておく

いない間に思う存分暖房をつけて部屋を温めておくのも良いでしょう。

旦那さんがどうして暖房をつけさせてくれないのか、理由がはっきりしていれば良いですが、時と場合によっては、理由があやふやなんてこともあるでしょう。

事前に部屋を温めておきましょう。

部屋の機密性を高めておく

隙間風が来ないようにしたり、部屋の暖房が効率よく温まるようにお部屋を改造してみるのも良いでしょう。

旦那さんがいない間につけてその温かさが持続するように試してみてくださいね。

できるだけ温かい飲み物を飲むようにする

体を温める飲み物を飲んでみるのも良いでしょう。

体の中から温まるようにしておけば、寒さを感じにくくなりますよ。

体質改善をしてみる

常に血行が良くなるように、体操をしたりヨガをしたりしてみるのもオススメです。

体の体温を常に上げることができれば、多少の寒さでも大丈夫になりますよ。

お鍋をしたりする

お鍋など体を温める食べ物を食べるようにするのも良いでしょう。

ガスを使ったりすれば、お部屋の中も温かくなります。

なぜ暖房をつけてくれないのか理由を聞いてみる

なぜ暖房をつけると良くないのか、つけさせてくれないのか理由を聞いてみるのも良いでしょう。

その理由によって解決策が見えてくることもありますよ。

お互いの意見をしっかり伝えて抜け道を探すのも良いでしょう。

広告

暖房をつけると怒られるなら何て説得するのが良い?

暖房をつけると怒られる時、なんて説得するのが良いのでしょうか。

ぜひ下記を参考にしてみましょう。

「旦那さんの健康管理をしたいから」と言う

「風邪をひいて、寝込んでしまっても大変だからあなたのことを思って、暖房をつけたいんだけど」と言ってみるのも良いでしょう。

暑すぎないようにするからとも言ってみるのもオススメです。

「暖房をつけない代わりに他の代用品がほしい」と言ってみる

ホットカーペットや、オイルヒーターなど他の代替え品を提示して相談するのも良いかもしれません。

ぜひ交渉してみましょう。

「家を守るためにつけさせてほしい」と言う

家が湿気てしまい、カビが生える可能性もあるので健康的にも良くないから、暖房をつけさせてほしいと言ってみるのも良いですよ。

暖房をつけることで、お部屋を乾燥させることができるので、他の被害から体を守ることもできるということをアピールしてみると良いでしょう。

広告

暖房をつけると怒る心理って?

暖房をつけると怒ってくるのはどうしてなのでしょうか。

どんな心理が隠されているのでしょうか?

自分の気持ちで暖房をつけたいから(自己中)

自分の気持ちで、つけたり消したりしたく、他の人にそれを邪魔されたくないと思っている人もいますよ。

言ってしまえば、自己中心的とも取れるでしょう。

暖房は無駄だと昔からそういう環境で育っているから

昔から暖房は無駄なもの、つける必要がないものと言われて育ってきた人なら、暖房をつけただけで怒ってしまうということもありますよ。

そうではない世界もあるということがわかれば、改善されることも。

お金があると安心するから

暖房をつけることで、お金が飛んでいってしまうと考える人もいます。

こんだけ使えば、相当の出費になるのではと。

昔、お金に苦労したことがある人は特にそのような行動に出てしまう可能性もありますよ。

ちょっとでもお金がなくなると不安になってしまうので、ケチになってしまうということも考えられるのです。

もったいないと思ってしまうから

暖房をつけなくても、着込んだりして凌げると考え、もったいないと思ってしまう人もいます。

だから、暖房をつけるなんてと、怒ってくることもあるのです。

夫婦だと遠慮がなくなってしまうので、ダイレクトに自分の気持ちをぶつけてくるということもありますよ。

広告

暖房をケチる旦那と上手に共同生活していく方法は?

暖房をケチる旦那さんと上手に共同生活していく方法はあるのでしょうか。

やり方について詳しくご紹介いたします。

相手の価値観を理解する

相手がケチな性格なんだということ、そして価値観を理解する必要があります。

頭にくることがあっても、グッと堪えて相手を立てるようにして接すると良いでしょう。

旦那がいない間に暖房を使ったり自由にする

旦那さんが仕事に行っている時に、自由に暖房をつけたりするのも良いでしょう。

ただし、使い過ぎると色々言われてしまう可能性があったら、温度設定を下げた状態で使ってみるのも良いですよ。

旦那さんにわからないように暖房の温度やタイマーを設定しておくのも良いでしょう。

旦那さんと光熱費について詳しく話してみる

どのくらい月に出すことが許されるか、節約したら、そのお金をどのように使うかなどを二人で一緒に話し合って決めてみるのも良いでしょう。

貯金をする

一緒に光熱費の貯金をするのもオススメです。

そのお金の中から、上手にやりくりできるようにしてみるのも良いですよ。

広告

光熱費にうるさいケチな旦那(夫)の性格って治らないの?

光熱費にうるさい旦那様にいくら言っても性格を治すことってできないのでしょうか。

光熱費をケチケチする旦那さんと生活するとストレスが溜まりますよね。

その性格をなおすのは、無理に近いと思っておいた方が良いですよ。

変えようと思わない方がいいと言えるでしょう。

一生懸命性格を直そうと思って接しても、ストレスが溜まるだけです。

だから、ケチな旦那さんがいる場合、そういう性格なんだ、しょうがないと受け入れる必要があります。

どれだけ我慢できるか、その人の価値観を理解できるかが鍵になってくるでしょう。

広告

エアコンの暖房をもったいないとケチる旦那に何て説得するべき?

エアコンの暖房をもったいないとケチって、常に見張られているような感じを受けることってないですか。

旦那さんが常にコントロールしている場合、どのように説得すれば良いのでしょうか。

対処法をいくつかご紹介いたします。

「風邪を引くからつけさせて」と言う

風邪をひいて寝込んでしまったら大変だから、あなたのためにもつけさせてほしいと説得するのも良いでしょう。

相手のことをいつも考えているということを伝えながらお願いしてみるのも良いですよ。

請求書を見せて暖房をつけてもつけなくてもさほど変わらないことを示す

暖房をつけても、つけなくても、値段が変わらない場合はそれを示してみるのも良いでしょう。

暖房代をケチらなくても大丈夫だとわかれば、つけさせてくれる可能性もありますよ。

温度を高くしなければ節約になることを伝える

暖房をつけるとき、温度を上げすぎなければ節約になることを伝えてみるのも良いですよ。

暖房が決して無駄ではないことを伝えてみましょう。

「家を守るためにも必要」と言ってみる

家の中が湿気ったり、カビが生えてしまう可能性があるから暖房をつけさせてほしいというのも良いでしょう。

暖房をつけないと家の中の湿度が上がってしまい、部屋も悪くなるということを伝えるのも良いかもしれません。

広告

暖房をつけなくても室内で温かく過ごす方法は?

暖房をつけなくても室内で温かく過ごす方法をいくつかご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみましょう。

普段よりも厚着する

たくさん着込んでおくと良いでしょう。

体を温めてあげることで暖房をつけなくても過ごすことができますよ。

ホッカイロをはる

体にホッカイロを貼るのも助けになります。

足湯をする

足湯をして体を暖めてあげるのも良いでしょう。

足を温めることで身体中ぼかぼかしますよ。

室内ばきを履く

温かめの室内ばきを履くのも良いでしょう。

隙間を埋める

隙間風が入ってくると寒く感じることもあるので、隙間風が入ってきそうなところを塞ぐことで暖房をつけなくても温かく過ごすことができますよ。

ホットカーペットやコタツを利用する

ホットカーペットやコタツを持っていたら、それらを使うのも良いでしょう。

体を温めることができるので、オススメです。

広告

冬でも暖房つけない人って寒くないの?

冬でも暖房つけない人って寒くないのでしょうか。

同じ空間にいるのに、「どうしてこの人は寒くないんだろう?」と疑問に思いますよね。

結論から言えば、冬でも暖房をつけなくても大丈夫な人って実はいるのです。

体温が元々高いということも挙げられます。

冬でも半袖で過ごせる、薄着でも大丈夫っていう人がいます。

そんな人は、暖房をつけるとより暑く感じてしまって、大変なのです。

寒い気候の生活に慣れている人も、暖房をつけなくても寒くないという人もいます。

人の体質、その人の温感によって変わってきますよ。

だから「暖房をつける、暖房をつけない」問題が発生するのです。

文章のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました