ブサイク友達嫌いOOで即解決!顔が嫌いな人への接し方も!

学校生活

友達の顔が生理的に受け付けないときってありますよね。

人は容姿などの見た目だけではない、中身が重要だ。

これは非常によく聞く言葉です。

でも、学校の友人の顔が生理的に受け付けなくて、顔を見ると不快になってしまい、どうやって付き合っていくべきか?悩んでいる高校生も多い。

ではそんな時はどうすればいいか対処法について知っていきましょう。

広告

ブサイク友達嫌いなときの即解決方法は?

カオリさん
カオリさん

顔見て話さないことが解決方法です。

確かに友人関係においても顔の好みってありますよね。

なんだか、生理的に受け付けなくて、不快感を感じるときってありますからね。

わたしもなんとなくですが、清潔感を感じられない友人はダメですね。顔見るだけで気持ち悪くなります。

相手の鼻筋を見て会話しましょう。

カスミさん
カスミさん

悪い子ではないんだけど、なんとなく気持ち悪い子っていますからね。

これからも仲良くしたいんだったら、ファッションだったり、美意識を向上させるしかありませんよね。

あとは、なるべく二人きりにならないとかが良いかと。

不細工(ブサイク)というか、顔が嫌いな友人っていますよ。

マミさん
マミさん

性格にも相性があるように、人相にも相性がありますからね。

自分の美的感覚とは合わないのでしょう。

でも、気持ちはわかりますね。

私だったら、なるべく二人きりにならないようにするかな。

あとは、顔を見ないようにして、話したりするとかですかね。例えば、愛想は良くしてるけど、目は合わせないとかがオススメです。

エリコさん
エリコさん

顔が嫌いな友達っていますよね。

わかります。

まずは自分を責めないこと!

人相にも相性があるので、どうしても生理的に受け付けない顔はあります。

対策としては、やはり二人きりにならないようにすることかな。

あとは、顔を合わせないようにして話すとかですよね。

ただ、人相の相性が悪い人って、将来的に喧嘩とかストレスになるから、可能であれば、離れた方が良いときもありますよね。

「友達は外見ではなく、性格だ!」と言いますが全員がこの言葉通り見た目で判断をせず、しっかりと性格など中身を見れているのでしょうか。

中には口にはしないだけで「ブサイクな友人のことを心のどこかで嫌っている…」ということもあるのではないでしょうか。

「悪い子ではないのだけれども、容姿がどうしても受付ない、嫌悪感を抱いてしまう。」そんな気持ちを抱いてしまう自分に嫌になることもあると思います。

広告

顔が嫌いな人(友人)との上手な接し方は?

顔が嫌いな人(友人)との上手な接し方はどうすれば良いのでしょうか。

まず、顔が嫌いな友人と上手く接していく方法を考えていきましょう。

自分の中で、「嫌なこと」と「嫌ではない」ことのボーダーラインを見極めることが大切です。

たとえば、二人きりで話すのは嫌ではないのか、それとも嫌だと感じるのか。

グループで話しすときは嫌ではないのか、嫌だと感じるのか。

しっかりと自分の感情がどのような場面で動くのか把握し、行動をコントロールをしていくことが大切です。

感情はなかなかコントロールがしにくいですが、行動は比較的コントロールしやすいですよね。

嫌だと感じることは、できるだけその場面にならないように行動で避けていけば良いのです。

しっかりと自己分析をして考えてみてくださいね。

広告

友人の顔が気持ち悪いと感じるときは離れた方が良い?

友人の顔が気持ち悪いと感じるときは離れた方が良いのでしょうか。

なかには友人の顔に対して気持ち悪いと感じてしまう場合もあるかも知れません。

そのようなときは、その友人と距離をとったほうが良いのか悩みますよね。

結論として、もしその友人と仲良くなりたい、今後も親交を深めていきたいのであれば距離を置くことは推奨しません。

人は基本的に何に対しても「慣れる」生物です。

たとえば入学当初の進学先の校舎や、クラスの席替えの度に見慣れない自席からの景色に、最初こと違和感を感じるが1週間もすれば慣れてしまうということに心当たりはありませんか?

それが友人の容姿に対しても同様です。

最初こそ気持ちが悪いと違和感を感じますが、時間の経過と共に見た目については慣れていきます。

気がついた頃には「なぜあんなにも最初気持ち悪いと感じていたのか…」と疑問に思うこともあるかも知れません。

広告

友達の顔が生理的に無理なときってある?

友人の顔に対して生理的に無理と感じるときは、どのようにすれば良いのでしょうか。

生理的に無理というのは簡潔に言うと、本能的に相手に嫌悪感を感じると言うこと。

頭で考えるよりも先に感情で嫌悪感を抱くと言い換えた方がわかりやすいかもしれません。

つまりは、相手のことをしっかり理解していない状態で容姿という視覚情報で判断をしている状態です。

どうしても見た目が受け付けないから、親交を深めて行きたくないという気持ちも自身の感情なので感情のまま行動をすることも間違いではありませ。

しかし、もしかしたらその人のことをよく知ってみると、考え方や好きなものが自分と似ていて、とても話が合う!ということもあるかも知れません。

ただ、それは相手と親交を深めていかなければその可能性を知ることすらできません。

もしそれをもったいないと感じるようであれば、ぜひ生理的に無理と感じた場合でも、よく相手のことを知る努力をしてみてるのはどうでしょうか。

広告

友達の顔が好きで仲良くなることってある?

友人の顔が好きで仲良くなるということはあるのでしょうか。

結論として十分に発生するケースです。

ただ厳密には顔と人柄が好きで仲良くなると表現した方がいいかも知れません。

友人の顔が好き、容姿が好きというのは仲良くなるきっかけには非常になり得ます。

顔が好きだから、話してみたい、仲良くしてみたいと思い親交を深めていくことも多いでしょう。

ただそこから親交を深めることによりその人柄が見えてきて友情は深まっていきます。

容姿はその人を知る入り口にはなりますが、仲良くなってくには、中身が必要ということですね。

きっともし容姿が好きだと感じる友人がいたらその人の好きなところを考えてみてください。

きっと「優しい」など性格面での好きなところが浮かんでくることでしょう。

人は容姿だけではなく、中身が需要だ。

この言葉の意味は相手をどう判断するのかではなく、もしかしたら相手から自分がどう見られるか、自分自身の人間力をさしている言葉なのかも知れませんね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました