PANKO海外国で人気理由は?発祥起源は?人気なパン粉メーカーも

グルメ情報

今、日本製のパン粉が海外国で「PANKO」と呼ばれ、スーパーマーケットやデパートでも売られる人気商品になっています。

パン粉は日本では天ぷらのイメージですよね。

でも海外では日本製PANKOは色々な料理に使われるほど大人気!

そこで気になるのがPANKO海外国で人気の理由ですよね。

ここでは「人気の理由や発祥起源、人気なパン粉メーカー」などについても解説しています。

広告

PANKO海外国で人気の理由は?

日本製のPANKOは今、欧米を中心に海外国で人気を集めています。

日本では「パン粉」ですが、海外国では「PANKO」と呼ばれています。

日本でも天ぷらなどに使われているパン粉の発祥は定説によるとヨーロッパです。

では、なぜ海外国で日本製PANKOが人気なのか?

それは「サクサクした食感」に人気の理由がありました。

欧米式のパン粉に比べて日本製の商品は粒が大きく密度が低いのが特徴なので、とてもサクサクしています。

これは日本製PANKOがパンから作っていることがこの味や食感を出せる理由です。

海外国のパン粉は乾パンやビスケットから作られていますからね。

料理を作る際に日本製PANKO(パン粉)を使う方が、仕上がりサクサクして美味しくなるのです。

日本ではパン粉=天ぷらのイメージですが、海外国では「炒め物、煮込みスープ」などにも 使われているんですよ。

日本のPANKO(パン粉)の食感や品質、味だからこそ実現できています。

このように日本製PANKO(パン粉)のサクサクした食感が海外で人気を集めている理由です。

欧米式のパン粉はここまでの食感を演出できません。

海外では日本製のPANKO(パン粉)をそのまま食べる人がいるほど、日本のパン粉の食感は海外でウケています。

事実、アメリカでは約15%の家庭に日本製のPANKO(パン粉)が常備されているという調査結果が出ています。

今では、日本のPANKO(パン粉)はアメリカのテレビ番組でも紹介されるほど人気です。

広告

PANKOの発祥起源は?

パン粉の発祥は定説によるとヨーロッパだと言われています。

では日本製PANKOの発祥起源は1916年(大正5年)に遡ります。

ライオンフーヅ株式会社(旧宮崎岩松商店)が和の食材として商品化したのが始まりです。

そして、1937年になると日本ではじめてソフトパン粉の製造が本格的に開始されました。
これでわかるように、日本製PANKOは意外にも海外国に比べてまだまだ歴史が浅い!

日本人の味の好みに合うように「日本の味として」開発さており、これから改良していくでしょう。

そんな日本製PANKOは発祥の本場である海外国を差し置いて、現地の人に人気を集めています。

理由はヨーロッパ発祥のパン粉に比べて、日本人が作る商品は粒が大きく密度が低いことから、料理に使えばサクサクした食感を再現できるからです。

広告

PANKOの海外国で人気なパン粉メーカーはどこ?

PANKOの海外国で人気なパン粉メーカーはどこなのか?

気になりますよね。

海外国で人気を集めている日本製PANKOのメーカーは「キッコーマン」です。

キッコーマンから販売されているPANKOは欧米のスーパーマーケットやデパートなどで積極的に販売されていますよ。

なので、PANKOの海外国で人気なパン粉メーカーは「キッコーマン」ということになります。

他のメーカーさんのおPANKOが置いてあることもありますよ。

でも、基本的には「キッコーマン」のPANKOが海外国の現地民に人気です。

広告

PANKO海外国で人気理由は?発祥起源は?人気なパン粉メーカーも~まとめ

日本ではパン粉と言われていますが、海外ではPANKOと言われ、スーパーマーケットやデパートで売られています。

もともとパン粉の発祥はヨーロッパだと言われていますが、なぜ日本製PANKOが現地のパン粉を差し置いて人気なのか?

それは日本のPANKOは海外のパン粉に比べると「味、サクサクした食感、品質」が勝っていることが理由です。

PANKOの中でも一番人気のメーカーが「キッコーマン」です。

日本ではパン粉=天ぷらのイメージですが、海外では炒め料理、煮込み料理などにも使われているんですよ。

中にはPANKOをそのまま食べてしまう人もいますね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました