森永ピノやみつきアーモンド味カロリー低い?一粒の糖質量は?太る?

グルメ情報

森永ピノやみつきアーモンド味は今、世間で注目されているアイスクリームですよね。

そこで気になるのが、「カロリーや糖質量や脂質量」ですよね。

あまりに高カロリーだと太る可能性になりますし、特にダイエット中の人は絶対に知っておきたいところです。

このページでは森永ピノやみつきアーモンド味に関する「一粒一箱のカロリーや糖質量や脂質量、食べたら太るのか?」などについて解説しています。

興味があれば、別ページもあわせて読んでみよう!

広告

森永ピノやみつきアーモンド味カロリー低い?一粒(1個)と一箱のカロリーや糖質量や脂質量を紹介!

森永ピノやみつきアーモンド味一粒(1個)のカロリーや糖質量や脂質量

内容量:1粒

カロリー:32kcal

糖質量:3g

脂質量:2g

アレルギー成分:アーモンド、乳成分

内容量1粒に対し、カロリーが32kcalあり、糖質量は3g、脂質量は2gありますね。

1日1粒だけなら低いといえますが、ピノアイスは全部で6粒あり。

1粒だけでもカロリーや糖質量、脂質量を含有しているので、食べ過ぎは太る原因になりますね。

ですが、1粒だけでも満足できるくらいの濃厚な甘い味を堪能できるので、ダイエット中にちょっと軽く糖分を取りたい人にもオススメですね。

森永ピノやみつきアーモンド味一箱(6粒)のカロリーや糖質量や脂質量

内容量:全6粒

カロリー:192kcal

糖質量:18g

脂質量:12g

アレルギー成分:アーモンド、乳成分

森永ピノやみつきアーモンド味一箱(6粒入り)のカロリーは内容量全6粒に対して、192kcalありますね。

ちなみに、厚生労働省の研究によると1日のなかで間食(アイスクリーム、お菓子)を取る場合の目安摂取カロリーは200kcalまでと報告されています。

森永ピノやみつきアーモンド味一箱(6粒入り)のカロリーは192kcalあります。

つまり、1日に一箱(6粒)までなら食べても大丈夫ということになります。

特にダイエット中の人はカロリーが気になるもですからね。

もし森永ピノやみつきアーモンド味のカロリーや糖質量による「太るリスク」などを無くしたい人は、食べ方を工夫するのがオススメです。

例えば「寝る2時間前には食べない、ゆっくり味わって食べる」など、ちょっとした工夫で太るリスクを減らすことができますよ。

ぜひ参考にしてみよう!

広告

ピノと雪見だいふくとパルムアイスのカロリー量を比較してみた!

雪見だいふく(一箱2個入り)のカロリー:164kcal

ピノアーモンド味(一箱6粒)のカロリー:192kcal

パルムアイス(単品1本入り)のカロリー:237kcal

このように一箱計算をすると雪見だいふくが一番カロリーが低いことが分かりますね。

ですが、森永ピノやみつきアーモンドは6粒入りなので、1粒のカロリーは少ない物と思われます。

個数制限するなどの食べ方次第では、森永ピノやみつきアーモンドが一番低カロリーで堪能できるアイスクリームとも言えますよ。

甘い物を食べても太らない解決法はこちら
広告

森永ピノやみつきアーモンド味のカロリーや糖質量は太る原因になる?

森永ピノやみつきアーモンド味は一粒のカロリーが低いとはいえ、立派なラクトアイスクリーム。

つまりスイーツのジャンルですからね。

当然のように食べ過ぎれば、太る原因になります。

ですが、ダイエット中であっても「絶対に食べてはいけないアイスクリーム」というわけではありません。

あくまでも「食べ過ぎがNG!!」というだけです。

そこで、上記で少し解説した厚生労働省の研究を参考にして食べてみるのもオススメです。

200kcal以内、つまり1日に一箱(6粒)までを守って食べれば、太るリスクも少ないでしょう。

一粒をゆっくり味わって食べることで、カロリーや糖質量による太るリスクもなくすことができますしね。

広告

カロリーや糖質量を気にしないで森永ピノやみつきアーモンド味を食べる方法は?

カロリーや糖質量を気にしないで森永ピノやみつきアーモンド味を食べる方法はもちろんあります。

それは「時間帯を工夫して食べる!」ということ!

人の1日の新陳代謝活動には波があり、14時~16時にピークを迎えて、夜の22時~2時あたりにかけて、最も下がっていきます。

つまり、この代謝活動がピークになる時間(14時~16時)に食べることで、カロリーや糖質量が体内で脂肪として吸収されにくく、結果太るリスクも著しく減らすことが可能です。

逆に22時~2時の時間帯に食べると、森永ピノやみつきアーモンド味の糖質や脂質がそのまま脂肪として、体内に吸収されていくので太りやすくなります。

「太りにくい時間」と「太りやすい時間」を理解したうえで食べることで、ダイエット中でもリスクなしに食べることができます。

また「寝る2時間前には食べない」ということも大切です。

実は海外で実施されたアンケート調査によると「寝る2時間前には食べる人」は「食べない人」に比べて肥満傾向にあることが分かっています。

つまり、特にダイエット中の人は森永ピノやみつきアーモンド味を食べる時間がそれほど重要というわけです。

ぜひ参考にしてみよう!

広告

森永ピノやみつきアーモンド味はカロリーや糖質量はダイエット中の人にはNG?

結論から言えば、「森永ピノやみつきアーモンド味はカロリーや糖質量はダイエット中の人にはNG」というわけではありません。

「あくまでも積極的に食べるものではない」

「食べ過ぎるのは太る原因になる」

この2点が重要です。

1日の目安摂取量が1箱(6粒)まで!

それを守っていればダイエット中でも食べて大丈夫でしょう。

甘い物を我慢してストレスをため込むよりかはマシです。

つまり上手に付き合っていくことができれば、ダイエット中にたべても問題はありません。

広告

森永ピノやみつきアーモンド味の取扱店(販売店)はどこ?

森永ピノやみつきアーモンド味の取扱店(販売店)は全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアにて取り扱っています。

どちらかといえば、ピノの商品はスーパーマーケットの方が積極的に販売されている印象ですね。

ちなみに、これ以外にもショッピングセンターや百貨店(デパート)にも売られていますし、たまにドラッグストアでも置いてありますよ。

まずは近くの食品コーナー(アイスクリーム)を設けているお店に足を運んでみるのが一番です。

地域(県)やお店によっては、取り扱いが薄いエリアもあるので、売ってないお店も多いので、必ず販売されているというわけではありません。

そういったときはネット通販で買うのもアリですよ。

広告

森永ピノやみつきアーモンド味カロリー低い?一粒の糖質量は?太る?~まとめ

森永ピノやみつきアーモンド味は内容量1粒に対し、カロリーが32kcalあり、糖質量は3g、脂質量は2gありますね。

次に一箱(6粒入り)のカロリーは内容量全6粒に対して、192kcalありますね。

総合的にみるとカロリーや糖質量は、1粒だけなら低いですが、全体的には平均的という解釈が正しいでしょう。

日本で行われた研究によると1日に間食(アイスクリーム、お菓子)を取る場合の目安摂取カロリーは200kcalまでです。

そこで、上記でも少し説明しましたが、森永ピノやみつきアーモンド味一箱(6粒入り)のカロリーは192kcalあります。

つまり、1日に一箱(6粒)までなら食べても大丈夫ということになります。

もちろん、食べ過ぎは絶対にNGですよ。

カロリーや糖質量がさほど高くないといっても、立派なラクトアイスクリーム(スイーツ)ですからね。

食べ過ぎたら太りますし、特にダイエット中の人は気を付けなければいけません。

そこで、食べ方を工夫するのがオススメですよ。

せひこのページで紹介している方法を参考にしてみよう!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました