森永ホワイトチョコチップクッキーカロリー糖質量は?ダイエットは?

グルメ情報

森永(MORINAGA)製菓ホワイトチョコチップクッキーが冬季限定で、全国に販売されますね。

この商品は無くなり次第、販売終了となります。

森永製菓から販売されるクッキーシリーズ(ビスケットシリーズ)は非常に人気のあるお菓子ですからね。

では、そんな森永製菓ホワイトチョコチップクッキーの糖質量やカロリー(エネルギー)はどれくらいあるのか?

特にダイエット中や太りたくない人は気になるものですよね。

もちろん、食べ方を工夫することで太るリスクも減らせますよ。

では、ページを読み進めて見ていこう!

広告

森永ホワイトチョコチップクッキーカロリー糖質量は?

内容量:12枚(6枚×2袋)

カロリー:約50kcal(1枚の9.3g)

糖質量:約6.0g

森永製菓ホワイトチョコチップクッキーのカロリーと糖質量は、凡そ上記の数値が参考になります。

内容量が12枚(6枚×2袋)に対し、カロリーが約50kcal(1枚の9.3g)あり、糖質量が約6.0gあります。

割と高カロリーなビスケットであることが分かりますね。

全部食べてしまうと、12枚×50kcalなので、凡そ600kcalになることが分かります。

広告

森永(MORINAGA)製菓ホワイトチョコチップクッキーをダイエット中に食べると太る?

森永(MORINAGA)製菓ホワイトチョコチップクッキーをダイエット中に食べると太るでしょう。

もちろん、個数制限をすれば別です。

上記少し解説しましたが、森永製菓ホワイトチョコチップクッキーをすべて食べると、約600kcalになりますよね。

厚生労働省の研究によると間食による1日の理想的な許容摂取カロリーは、ダイエット中の人も含めて200kcalまでです。

もうお気づきですよね?

森永製菓ホワイトチョコチップクッキーを間食したら約600kcalになります。

つまり、厚生労働省の研究を参考にすると400kcalもカロリーオーバーしています。

なので、特にダイエット中の人や太りたくない人が食べるなら、「食べ方を工夫する」もしくは「個数制限(1日に4枚まで)」を設けると良いでしょう。

甘い物を食べ過ぎるとニキビ肌荒れに繋がります。

広告

森永製菓ホワイトチョコチップクッキーのカロリーと糖質量に怯えないダイエット中の食べ方は?

森永(MORINAGA)製菓ホワイトチョコチップクッキーのカロリーと糖質量に怯えないダイエット中の食べ方があります。

それは、「食べても太らない時間帯」食べるということ!

太らない時間帯っていった何時なの?

気になりますよね。

その魔法のような時間帯は「14時~16時」になります。

これは人間の代謝活動が盛んになるタイミングです。

なので、森永製菓ホワイトチョコチップクッキーのカロリー(エネルギー)と糖質量が脂肪として蓄積されにくく、体重増加によるリスクを極端に減らすことができます。

逆に、絶対にNGな時間帯は22時~2時です。

これは代謝活動が落ちるので「食べたら食べた分だけ太る時間帯」ということになります。

「14時~16時」に比べると80倍近く体重増加に繋がりやすいといわれています。

もちろん体質や性別や生活習慣によって個人差があるので、時間厳守は必要ないですが、参考にしてみましょう。

上手な付き合い方をすればカロリーと糖質量に怯えなくて済みますよ。

広告

森永製菓ホワイトチョコチップクッキーカロリー糖質量は?ダイエットは?~まとめ

森永製菓ホワイトチョコチップクッキーのカロリーと糖質量は、内容量が12枚(6枚×2袋)に対し、カロリーが約50kcal(1枚の9.3g)あり、糖質量が約6.0gあります。

全部食べると、約600kcalになりますね。

厚生労働省の研究では、1日の間食による理想的な摂取カロリー(200kcalまで)から、400kcalもオーバーしてますからね。

なので、ダイエット中の人や太りたくない人は、個数制限して数日間にわかって食べるのも一つの手です。

もしくは、食べる時間帯(14時~16時)を工夫することで、限りなく体重増加のリスクを減らせますよ。

ぜひ、実践してみよう!

甘い物を敬遠して我慢したら、気が付いたら販売終了しているなんてこともあります。

森永製菓ホワイトチョコチップクッキーは期間限定商品です。

販売期間終了したらなかなか買うことができませんからね。

太らない上手な食べ方を知ることが大切です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました