毎日甘いもの食べても太らない人はなぜ?体質作りできる?共通点は?

生活の知恵

チョコレートやケーキ、お菓子などの甘いものを食べても太らない人っていますよね。

食べた分だけ太る人にとっては、とても悔しいことです。

では、甘い物を食べても太らないで痩せている人はなぜ体型を維持できているのか?

そんな食べても太らない体質作りはちょっとした工夫で出来ることがわかりました。

ここでは「甘いもの太らない人の秘密、食べても太らない体質作り」に関する情報を取り上げています。

広告

毎日甘いもの食べても太らない人はなぜ?痩せている人の共通点の紹介

よく噛んで遅食いを心がけている

甘いもの太らない人の一つの理由として、「遅食いである」ということが研究によって証明されています。

よくテレビで「20回以上咀嚼して飲み込むことが大切!」なんて言われますよね。

甘いお菓子やご飯を時間かけて食べている人ほど、太りにくく痩せている傾向にあるということが判明しています。

ちなみに肥満体系の人の40%以上の人が「早食いである」という報告があります。

つまり「遅食い」であることが甘いものを食べても太らない人の特徴の一つで、「ゆっくり甘い物を食べる」ということが大事です。

ゆっくりと自分なりによく噛んで時間をかけて食べるようにしてみよう!

 

寝る時間帯の2時間以上前にご飯を食べ終えている

「寝る2時間以上前にご飯を食べ終わっているか?」ということも重要です。

別の研究によると「寝る2時間以上前にご飯や甘い物を食べ終わっている人」は、寝る直前に何かを食べる人に比べて10%以上の人が痩せているという傾向にあるということが分かっています。

例えば、22時に眠りにつく場合、20時までには食事や間食を終えているということになりますね。

このように、甘い物を食べるスピードと甘い物を食べる時間を意識こそが、甘い物を食べても太らない人の秘密になります。

 

夕食後の間食は控えている

夕食の後に間食をするのもNG!

実際に夕食後に間食をしない人は、間食をする人に比べて10%以上肥満体系になりにくいことが判明しています。

もし間食(甘い物)を食べるなら夕食前に食べましょう。

オススメの時間帯は14時~16時などの、人間の代謝活動が一番盛んになるタイミングが良いでしょう。

広告

毎日甘いものを食べても太らない体質作りはできるの?

甘いものを食べても太らない体質作りはできます。

上記で少し解説しましたが、肥満体系になる人の条件は3つあります。

「甘い物の間食やご飯を早食いする」

「寝る時間帯の2時間以内に間食またはご飯をたべること!」

「夕食後に間食をすること」

これらの3つが肥満体系(太りやすい体型)を作る条件になってしまいます。

つまり、太りたくない人はこの3つの条件を避ければいいということになります。

「なるべく遅食いをして寝る2時間以上前に間食もしくはご飯を食べて、夕食後の間食はさけること!」

これが甘い物を食べても太らないようにする秘訣になります。

もちろん、個人の体質によって差はありますが、これらを意識するだけで変わることもあります。

特に甘い物は糖質なので、とっても高カロリーですよね。

日常生活の中でちょっとした工夫するだけで「甘い物を食べても太らない人」になれることもありますよ。

広告

毎日甘いもの食べても太らない人はなぜ?体質作りできる?共通点は?~まとめ

甘い物を食べても太らない人は、食生活にちょっとした工夫をしていることがわかります。

お菓子やスイーツを食べても痩せている人は「なるべく遅食いをして寝る2時間以上前に間食もしくはご飯を食べて、夕食後の間食はさける」といったことを意識しています。

これはとっても簡単なことですが、実はこういった工夫こそが甘いものを食べても太らない人の特徴なのです。

実はこれ、多くの体型に悩んでいる人が見落としがちなことなんですよ。

これを参考にしてみると、あなたも簡単にできることがわかりますよね。

ぜひ明日から実践してみよう!

甘い物は高カロリーなので、ちょっとした工夫をして食べることが大切です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました