紫エンドウの旬の時期や季節はいつから?生産量は和歌山県が多い?

グルメ情報

紫エンドウは通称「ツタンカーメンの豆」とも言われ、テレビ番組でも取り上げられていますね。

旬の時期になるとスーパーやデパートでときどき販売されているのを見かけますが、この野菜、実はビタミンやミネラル、ポリフェノールを豊富に含みます。

美容や健康を心がける人はぜひ食べておきたい野菜なのです。

そんな紫エンドウの旬の時期や季節はいつからなのか?

気になりますよね。

このページでは「紫エンドウ(ツタンカーメンの豆)の旬の時期や季節、生産量の多い和歌山県」に関する情報を取り上げています。

広告

紫エンドウの旬の時期や季節はいつから?

紫エンドウの旬の時期は5月6月になります。

季節にするとは春先からになりますね。

なので、旬の時期(収穫時期)は5月6月で、季節は春ということを覚えておきましょう。

紫エンドウは免疫力や皮膚の再生を助けるβカロテンが含まれているので、健康や美容に興味がある人はぜひ食べておきたいですね。

また、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンCなどのビタミンB群も豊富で、これらの成分の糖質の代謝を助け、肌のターンオーバーを促す効果があります。

紫エンドウの栄養素はこれだけにとどまりませんよ!

カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルも豊富!

ぜひ旬の時期にスーパーマーケットやデパートの野菜売り場で見つけたら手に取っておこう!

広告

紫エンドウ(ツタンカーメン豆)は買える季節は何月くらい?

紫エンドウ(ツタンカーメン豆)は買える季節は、基本的に6月の春ですね。

これはスーパーマーケットやデパートがある地域によって若干異なりますが、6月に野菜売り場にて販売しているお店が多いです。

遅い場所(お店)だと7月中旬まで売っている店舗もありますね。

基本的に紫エンドウ(ツタンカーメン豆)が店舗に売り出される季節は6月の春です。

ちなみに、紫エンドウ(ツタンカーメン豆)は非常の生産量の少ない希少な野菜です。

なので、どこのスーパーやデパートでも買えるわけではありません。

玉ねぎやニンジンと違って、年中販売されているわけでもありませんからね。

むしろ売ってないお店の方が多いでしょう。

広告

紫エンドウの生産量は和歌山県が多い?

紫エンドウはもともと中央アジアから中近東などの暖かい地域を原産とする野菜ですが、日本だと紫エンドウの生産量は和歌山県が多い傾向にあります。

和歌山県に住んでいる人は比較的に購入しやすい環境にありますね。

ですが、日本では生産している農家も限定的なため、なかなか手に入らない野菜でもあります。

最近では、ネット通販でも購入できるので、もし「紫エンドウがどこにも売ってない・・・」という場合はネット通販を利用するのもオススメです。

紫エンドウは豊富なポリフェノールが含まれているのでアンチエイジングに効果的!

さらに紫エンドウ(ツタンカーメンの豆)には熱にも強く一般の緑エンドウと比較すると抗酸化性も非常に高いと言われています。

広告

紫エンドウの旬の時期や季節はいつから?生産量は和歌山県が多い?~まとめ

紫エンドウの旬の時期は5月6月になります。

季節にするとは春先からになりますね。

なので、スーパーやデパートの野菜売り場で店頭に並べられるのもこのくらいの時期になります。

ビタミンB群やミネラル、ポリフェノールなど栄養価も高いので、健康だけでなく美容にもオススメの野菜です。

ぜひ見つけたら手に取って購入しよう!

近年ではテレビ番組でも取り上げられるほど、注目されている野菜なので少しずつ認知され始めていますが、まだ一般的に知名度がある野菜ではありません。

また和歌山県の農家で栽培されていますが、基本的に生産している県も少なく、あまり収穫できません。

なので、スーパーやデパートでも売っているお店の方が少ないでしょう。

そこで、ネット通販で購入する人も多い傾向にありますね。

種から育てるのもオススメですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました