バイトで怒られる気にしない方法は?当たり前?自分が悪い?辞める?

生活の知恵

入ったばかりのバイトで気合を入れて出勤したはいいけど、緊張しすぎてミスばかりなときってありますよね。

実際に入社したばかりのバイト先で怒られることが多く、怒られ慣れていないため辛いと感じている人も多い。

そういった悩みを持たれている人に向けて、怒られても気にしない方法と、立ち直り方をいくつか紹介します。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られる気にしない方法は?

いつの間にかバイトに行くこと自体が憂鬱になってしまうことってありますよね。

仕事内容は好きだけど先輩から怒られるのが辛く、辞めようかどうか迷ってしまっていませんか?

ぜひ本記事を参考にしてみてください。

自分の成長を実感する

怒られるということは失敗をしてしまったからですよね。

それはつまり、あなたが今までよりも自分の出来ることを増やしていっている、その最中、ということです。

なれている作業ばかりしていたら失敗することはないかもしれません。

ですが、それはただのルーティンワークです。

そこから新たに得られるものはすくないでしょう。

バイト先でミスをして怒られてしまったら、自分がまだまだ成長段階にいるということを再認識してください。

そして自分が出来るようになったことを改めて数え出してみましょう。

数日前でも、数週間前の自分でもかまいません。

きっと今の自分は過去よりも確実に出来ることが増えているはずですよ。

今後どうするべきか考える

怒られてしまったのならしかたがありません。

大切なのはその失敗を今後どう活かすのか、ということです。

どのようなミスをして、なぜ怒られてしまったのか、それをメモに残しておくといいかもしれませんね。

残しておいたメモを後々見返してみることで、「あの頃はダメだったけど、今の自分は前よりも成長できている」、という成長の実感にもつながります。

それが自信になって、気づけば怒られることにも恐怖心がなくなっているはずです。

なぜなら、失敗こそが成長への近道、ということをその頃にはすでに理解しているからです。

仕事は出来ないのが当たり前

はじめの数日は周りも優しくフォローしてくれていたけど、日がたつにつれだんだん怒られる回数が多くなってくることもありますよね。

ですが、入社したばかりのバイト先だと覚えることが多いので、仕事は出来ないのが当たり前です。

また、サービ業だと土日や祝日は忙しいので、そんな日に新人バイトがシフトに入ったら誰でも失敗するものです。

現在の職場の先輩達も同じような思いをして今働いています。

誰でも最初はミスするものです。

新人の頃はいっぱいミスしても良い

バイト先の入ったばかりのときは、仕事が出来なくて当たり前です。

それは職場の人達もわかっています。

つまり周囲も「仕事が出来ないこと前提」としているのです。

なので、失敗やミスは新人のうちにいっぱいしておいて、次に活かすのが一番良い方法です。

仕事でのミスや失敗は許されるうちにいっぱいしておきましょう。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られた日の立ち直り方は?

バイトで怒られた日って、どうしても落ち込んでしまいますよね。

今から紹介する立ち直り方の方法をどれか1つでもいいので実践してみてください。

すこしは気分も楽になりますよ。

趣味に没頭する

「あなたの趣味はなんですか?」そう質問されて即答できる人って、実はあまり多くはないのかもしれません。

ですがこの質問を、「やっているとつい、時間を忘れてしまうことってなんですか?」という見方に変えてみてください。

たとえばゲームが好きな人なら、「気づけば朝になっていた」という経験がある人もいるでしょう。

自分の好きなことや趣味がわからない、という人は、自分が時間を忘れて没頭できる何かを想像してみてください。

それがあなたの趣味なんです。好きなことに良いも悪いもありません。

そして気分が落ち込んでいるときには、その趣味に没頭し、時間と一緒に嫌なことも忘れてしまいましょう。

友達と遊ぶ

あなたの人間関係はバイト先だけではありません。

学校の友人やサークルの仲間がいるはずです。

そんな友達たちとおしゃべりをしたりドライブをしたりして、憂鬱な気分をまぎらわせるのです。

1人の時間をつくる

お気に入りの音楽を聴くのもいいですし、感動する映画を観て思いっきり泣くのもアリですね。

とにかく、周りから干渉されない1人きりの時間をつくることが重要です。

そうして感情を切り替えて、嫌な気分をリセットできたなら、また明日から頑張りましょう。

過ぎてしまったことはしかたがありません。

もしあなたが今、バイト先で怒られて落ち込んでしまっているのなら、次回からは同じ失敗を繰り返さないように心掛けましょう。

そしてすぐに気分を切り替えて、自分に出来ることをすこしずつ増やしていってください。

誰かに気持ちを話す

溜めこまないで誰かに気持ちを話してみましょう。

「友人、親、職場の先輩」など誰でも良いです。

吐露することが大事なのです。

特に繊細で傷つきやすい人というのは、その失敗を数日に渡って引きずってしまうこともあります。

真面目な性格なために、自分の失敗を過剰に受け止めてしまいがちなんです。

誰かに気持ちを話してみましょう。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られるのは当たり前なの?

バイトで怒られるのは当たり前なのでしょうか。

怒られ方によりますが、はじめは誰でも初心者です。

「新人の頃は怒られた記憶しかない」という人もいるぐらいですから、バイトだったとしても、ある程度注意や指導を受けることはめずらしくありません。

ですが、それがあまりにも理不尽なことで怒られるというのなら、それは怒ってくる先輩に問題があります。

そのときは我慢せず、店長や頼れる先輩に相談してみてください。

怒られたことを反省するのはいいことですが、いつまでも失敗にこだわり続けるのは精神的にもあまりよくありません。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られるのはすべて自分が悪いからなの?

バイトで怒られるのはすべて自分が悪いからなのでしょうか。

つい考えてしまいますよね。

でも、必ずしもそうとは限りません。

あなたが一生懸命仕事に取り組んで、結果的に失敗してしまったのであれば、それは誰かに責められるようなことではありません。

もし、今までにやったことのない作業を、なんの説明もなく任されて失敗してしまったというのなら、それは指示を出した人にも責任があります。

新人の出来ることと出来ないことを把握しておくのは上司の役目ですから、ましてやなんの説明もなく任された、というのであればあなたは決して悪くはありません。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られるのが怖いときの乗り越え方は?

バイトで怒られるのが怖いときの乗り越え方はあるのでしょうか。

「また今日も怒られるのか」と考えると、バイトの日は朝から気分も晴れませんよね。

その恐怖心を乗り越える方法は単純で、怒られないようにする、ということです。

過去に指摘されたポイントや注意点などをメモに残して、次回からは同じ失敗を繰り返さないようにする。

この心掛けを続けていけば、いずれ怒られるようなこともなくなるでしょう。

はじめのうちはおぼえることも多く大変かと思いますが、怒られるのが怖いのなら怒られないようにする、というのがなにより手っ取り早い方法です。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られるストレスで辞めたいときはどうしたら良いの?

バイトで怒られるストレスで辞めたいときはどうしたら良いのでしょうか。

結論から言えば、まずは頼れる人に相談してみましょう。

家族や友人でもいいですし、SNSなどで同じような経験をされた人を探してみるのもよいですね。

ストレスを抱え込みやすい人というのは、ナイーブで真面目な性格の人が多いです。

そういった人は周囲への気づかいから悩みを1人で抱え込みがちですが、なるべくストレスや悩みは誰かに打ち明け、共有するようにしてみてください。

身近な人から客観的な意見をもらうことで今後自分がどうするべきかも見えてくることがあります。

また、同じような境遇にいる人と悩みを共有することで、悩んいるのが自分だけじゃないということがわかるでしょう。あなたは1人ではありません。

辞めてしまいたいほどストレスに感じているのなら、誰かに頼ってみることも考えてみてください。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られたから辞めるのってアリ?

バイトで怒られたから辞めるのってアリなのでしょうか。

バイト先で怒られることにあなたが精神的な苦痛を感じているのなら、職場を変えるのもひとつの手です。

いつまでも今のバイトにこだわり続けてストレスを溜め続けてしまうより、早々と次のバイトを探してしまった方がよい可能性もあります。

他人からみれば些細な問題でも、当人からすればとても大きな問題です。

理由はどうあれ、辞めることを検討してもいいかもしれません。

広告(スポンサードリンク)

バイトで怒られて泣くことって他の人もある?

バイトで怒られて泣くことって他の人もあるのでしょうか。

思わず悔しくて涙がこぼれてしまう事ってありますよね。

バイトで怒られて泣いてしまった、という人は、あなた以外にも多くの人が経験しています。

そういった人たちは怒られ、泣いてしまった過去を学びとして成長していったのです。

ですから、バイトで怒られて泣いてしまったとしても、それは全然恥ずかしいことではないですよ。

その経験を今後どう活かしていくか、それが最も重要です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました