九十九里の塩の特徴とは?伝統塩作り製法は?場所は千葉県横芝光町?

グルメ情報

九十九里の塩(山武の海の塩)は近年注目されているお塩で、SNSでも話題沸騰中です。

そのSNSや口コミの評価が火種となり、NHKテレビ番組でも紹介されるようになりましたね。

でも、なぜ「九十九里の塩」が人気なのか?

ページを読み進めて九十九里の塩に関する「特徴(他の塩との違い)、塩作りの製法、場所」などについて見ていこう!

広告

九十九里の塩の特徴は?ほかの塩との違いについて解説

九十九里の塩は別名「山武の海の塩」と言われています。

これは、千葉県山武市にある名スポットの九十九里海岸の海からしか採取することができない天然のお塩になります。

製法にもこだわっており、機械や機材を一切使用しないで昔ながらの伝統製法で塩を採取することで天然の味を堪能することもできます。

また栄養素も豊富で特にミネラル成分の一種である「カルシウム」は一般的にスーパーやコンビニで販売されている塩商品よりも10倍以上豊富に含まれています。

カルシウムはストレス耐性を付けるだけでなく、骨の形成や免疫力の向上にも役立ちますよ。

もちろん、九十九里の塩(山武の海の塩)はカルシウム以外のミネラルも豊富に含まれる栄養満点なお塩ですよ。

美容や健康にぴったりですし、なによりさっぱりした味なので、料理やお米(おにぎり)、野菜などに軽くふりかければ食材の足を生かすことも可能です。

広告

九十九里の塩の伝統塩作り製法って?

九十九里の塩(山武の海の塩)は昔ながらの伝統製法で作られますが、その工程は6つあります。

① :九十九里の海水を採取

従業員が潮汐を見極めて、九十九里海岸の中でも澄んでいるエリアを厳選し、美しい海水をくみ上げます。

②:流下式採鹹(さいかん)

汲み上げてきた九十九里海岸の美しい海水を大きな柄杓に入れて、柄杓に入った海水を吊した網にかけ少しずつ濃縮させていきます。

栄養豊かな九十九里海岸の海水が、千葉県の太陽と風を目一杯受けることで、徐々に塩分の濃度を上げ、潮の香りとうま味が出てきます。

③:平窯濃縮作業(煎熬)

流下式採鹹によって濃度が高くなった海水を平釜に移し、薪を焚いて灰汁(あく)を丁寧に取りながらゆっくり水分を蒸発させます。

④:海水の塩を採取する

九十九里海岸の海水を平釜で煮詰めること、およそ3日かけることで、少しずつに塩の結晶が出てきます。

九十九里海岸の海水から取れた、結晶になった塩をすくっていきます。

⑤:天日干して出来上がり!

結晶になった塩の無駄な水分を飛ばします。

状況によっては、別の釜で熱を加える場合もあります。

この工程がすべて終わったら美味しい九十九里の塩のできあがりです。

九十九里の塩は口コミでも評判です。

ぜひ生活に取り入れてみよう!

広告

九十九里の塩の生産場所は千葉県横芝光町?

九十九里の塩(山武の海の塩)の生産場所は千葉県横芝光町になります。

住所は「〒289-1726 千葉県山武郡横芝光町木戸4018」になりますね。

海の近くなので、潮の香りが楽しめますよ。

周辺は交通量も多くないので、車で行くのもオススメですよ。

千葉県横芝光町は駐車場も数台あるので、歩くのが億劫な場合はぜひ車を利用してみよう!

広告

九十九里の塩は何が違う?伝統塩作り製法は?場所は千葉県横芝光町?~まとめ

九十九里の塩は別名「山武の海の塩」とも呼ばれ、千葉県山武市にある名スポット「九十九里海岸」の海からしか取ることができない天然のお塩になります。

また、スーパーやコンビニで販売されている塩に比べてミネラルが豊富で、特にカルシウム10倍以上豊富に含まれているといわれています。

このように九十九里の塩(山武の海の塩)は栄養面でもほかの塩よりも優れており、味もえぐみがなくさっぱりしているので、お米や野菜などに相性が良いと評判です。

ぜひあなたも手に取ってみよう!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました